だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-11-12いざさらば

[昔話]おおきなかぶ

 [昔話]おおきなかぶ - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク -  [昔話]おおきなかぶ - だって、思いついたから

おじいさんはかぶのタネを畑に植えました。

「おおきくなあれ、おおきくなあれ」

かぶはどんどんと大きく育ちました。

かぶの葉がおじいさんの背丈をこえた頃、おじいさんはかぶを引き抜こうとしましたが、大きなかぶは抜けません。

おじいさんはおばあさんをよびました。

おじいさんが、かぶをひっぱって、おばあさんはおじいさんをひっぱって。それでもかぶは抜けません。

おばあさんは孫をよびました。

おじいさんが、かぶをひっぱって、おばあさんはおじいさんをひっぱって、孫はおばあさんをひっぱって。それでもかぶは抜けません。

孫は犬と猫とネズミを呼びました。

おじいさんが、かぶをひっぱって、おばあさんはおじいさんをひっぱって、孫はおばあさんをひっぱって、畜生どもはそれぞれのしっぽをひっぱって。

それでも、かぶは抜けません。

おじいさんは、隣の家の一家を呼びました。

おじいさんが、かぶをひっぱって、おばあさんはおじいさんをひっぱって、まごはおばあさんをひっぱって、畜生どもはそれぞれのしっぽをひっぱって、畜生どもの一番後ろのしっぽを隣家のおじいさんがひっぱって、そのうしろに隣家のおばあさんと、息子夫婦と、出戻りの姉と赤ん坊と続いてひっぱって。

それでも、かぶは抜けませんでした。

おじいさんは、探偵ナイトスクープを呼びました。

おじいさん一家がかぶをひっぱって、一家をたむらけんじ探偵がひっぱって、たむらけんじ探偵を番組ADたちがひっぱって。撮影も3日にわたりひっぱって。

それでも、かぶは抜けませんでした。

おじいさんは、住んでいる町の自治体を呼びました。

まちの建設会社の重機が、かぶの周りを掘り起こして、掘って、掘って、かぶに結びつけられたロープを数台のトラックがひっぱって。

それでも、かぶは抜けませんでした。

おじいさんの畑のほとんどが掘り起こされました。掘っても掘ってもかぶの白い肌が現れるのでした。かぶは畑いっぱいに広がっているようでした。重機のするどいシャベルがかぶの表皮につきたてられましたが、かぶに傷ひとつつけられませんでした。

採掘場のようになった畑をながめながら、孫がいいました。

「なんだか、まだおおきくなってない?」

おじいさんの町は市に、市は県を、県は国を呼びました。

複数の地中の可視化検査により、かぶの成長が続いていることが確かめられました。さらに、かぶの成長速度は加速し続けていると識者がいいました。

かぶを破壊するためのさまざまな方策が検討され、実行され、最後に近隣住民を避難させた後の小型爆弾による破壊失敗の後に、国は世界に助けを求めました。

世界中の頭脳が対策を考え、人類最高峰の破壊方法が試されて、それでも、かぶは壊れません。抜けません。かぶはおおきくなり続けていました。


おおきくなりすぎたかぶがプレートを圧迫し、地震が頻繁に起こるようになりました。おじいさんの住んでいた島国は大きなかぶにより、致命的な状況になっていました。

包囲が解かれ、荒地となった元・おじいさんの畑に、おじいさんは立っていました。あたりにはかぶを聖なるものとする新興宗教の信者が落としていった数珠のようなものや、プラカード。かぶやかぶを育てたおじいさんを悪鬼のように憎む人々都の暴動で壊された家や武器の破片などが散らばっていました。

白い地面、かぶの表皮の中心にはまだ、かぶに対してはとても小さな、大きな木ほどもあるかぶの葉が直立し、風になびいていました。

おじいさんは、ボロボロになったそのかぶの葉の端を、しばらく手で弄び、やがてぐっと握りました。指を大きく、順番に閉じていきます。まず、右手。次に左手。肘をゆるやかに曲げ、腰を落としました。

一瞬の静寂ののち、はっ、という短い発声とともに、おじいさんの筋肉が盛り上がりました。

かぶの葉がぴんと引っ張られ、根元で千切れそうにふるえます。

おじいさんは力を込め続けます。永遠とも思える数分間。おじいさんの筋肉は膨張し、顔は真っ赤になっています。

それでも。

それでも、それでもやはり、かぶは抜けません。

おじいさんは、数時間にも等しく感じた全力の状態を解くと、かぶの上に倒れ込みました。

そして、荒い息をつきながら立ち上がると、おじいさんはどこかへ去っていきました。


星に根をはった大きなかぶは、星全体に絶望的な異常気象と地震を巻き起こし、人類は別の星に移ることを決意しました。

50年で、最初の移民船が完成しました。

そこからさらに十余年、7つの移民船が打ち上げられました。そのとき、人類の居住域は星の数パーセントになっていました。

おじいさんの、あの孫は、最後の移民船のモニタから、星を内側から食い破り、今や星そのものとなったおおきなかぶを眺めていました。

大きなかぶはもう抜けることはありません。

永遠に、この宇宙の闇をさまようのです。

孫は、太陽の光を反射して、真っ白に輝く、おおきなかぶを見つめ続けていました。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20191112

2018-02-05いろいろ嫌すぎるから

さよなら、アンパンマン

| さよなら、アンパンマン - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - さよなら、アンパンマン - だって、思いついたから

夕焼けの空をアンパンマンが泣きながら飛んでいる。

家に帰る途中の動物たちや、今日の奉仕を終えた食べ物マンたち、みんな、それを見て何とかしてあげたいと思う。カバオくんも同じように思っているが、何だか口の周りが甘くておいしいと、舌を伸ばして、口をなめまわしている。


涙で力が出なくなって、アンパンマンが地面に降りてきたときに、みんなでその周りに集まって事情を聴く。アンパンマンは、地面に両手をつけたまま、みんなとお別れしなくてはいけなくなったから、泣いているのだと説明する。

みんな、とても驚いて、とても悲しくなる。

ジャムおじさんが、みんなとお別れしなくてはいけないというのだとアンパンマンは泣く。

ジャムおじさんが言うのなら、何か理由があるのかもしれない。みんなは、泣かなくていいよとアンパンマンを慰める。

どこに行くのかわからないけど、きっとまた会える。そうだ、僕たちもジャムおじさんに理由を聞いてみよう。


うわ~んと泣くアンパンマン。

ちがうんだ、とアンパンマンは言う。みんなは、何が違うの?と聞く。

どこかに行くのは、みんなで、もう会えないんだ。といってアンパンマンは泣く。

みんな、アンパンマンが何を言っているのかわからない。

アンパンマンの顔は涙でふにゃふにゃになっている。


悲鳴がする。

みんなが、そちらを向くと、カバオくんが、上あごを、下あごを使って噛みついて、食べてしまっていた。みんなが、驚いて止めようとするけど、カバオくんは凄い力で、近づいたみんなをふりほどいて、なげとばしていく。

甘いんだ。とっても、美味しいんだよ!とカバオくんは叫ぶ。

やがて、カバオくんの下あごはカバオくんの顔の上半分を食べてしまって、

キノコのかさのようになった首の穴から、なんだかわからない音だけが漏れている。


みんな、完全に空気にのまれてしまって、完全に硬直している。やがてカバオくんが震えだし、お腹が一気に膨らんだかと思うと、破裂する。

そして、カバオくんのお腹からは、握った拳を空に伸ばしたアンパンマンの上半身が現れる。

元気!百倍!アンパンマン!

しかし、カバオくんから這い出した新しいアンパンマンは、顔が血だらけで元気がでない~、と言って地面に倒れ伏す。


うううわああああああ!と悲鳴をあげて、それを契機として、体が動きはじめたのか、方々に逃げ出すみんな。だけど、めいめい、すぐに身体が動かなくなって、身体が震えだす。そして、その口からあるいは腹から、新しいアンパンマンが飛び出していく。飛び出す時に、みんなの脳漿や内臓や血が辺りに飛び散る。

元気!百倍!アンパンマン!元気!百倍!アンパンマン!元気!百倍!アンパンマン!顔が…元気!血まみれ…アンパン…元気!…がでない…百倍!…アンパンマン!…百倍!…顔…元気!…血…元気!…元気!…元気!……


アンパンマンたちの輪唱が終わると、顔が血と臓物でビショビショになって元気のないけれど、なんとか立ち上がったアンパンマン達が、ひとりずっと泣き続けている最初のアンパンマンの周りに集まっている。


そこに、向こうからキュラキュラとキャタピラを軋ませて、アンパンマン号が近づいてくる。上のハッチから、バタ子さんが顔を出している。

成功したみたいねと言いながら、アンパンマン号から飛び降りたばた子さんは、血まみれのアンパンマン達を一人一人チェックしている。

アンパンマンは泣きすぎて、顔が完全に濡れてしまって力が出なくなり、座り込んでいる。

そこにジャムおじさんが近づいて肩に手を乗せて優しくなぐさめる。

アンパンマンや。もう泣くのはおよし。これは正義のために仕方ない犠牲なんじゃよ。

しかし、アンパンマンは、だって、だってと子どものように泣きじゃくっている。

ジャムおじさんは、頭に手をやり、困り顔でつぶやく。困ったねえ、オリジナルには、彼らを率いてもらわないといけないんじゃが。

顔を変えれば、大丈夫でしょ。簡易のチェックを終わらせたバタ子さんが言い、アンパンマン号に戻って、しばらくしてから、ハッチから顔を出すと、手に持っていた新しいアンパンマンの顔を放り投げて叫ぶ。

アンパンマン! 新しい顔よ!

泣いていたアンパンマンは条件反射で声の方を向き、そこに新しい顔がドンピシャでぶつかって、涙でぬれそぼった顔が弾きだされる。新しい顔は、クルクルと回転した後、正位置で停止して、きらりと光沢を魅せて言う。

元気!百倍!アンパンマン


どうだね。気分は。

顔が綺麗になって、すっきりしました。まだ少し悲しいけど、後ろばかり向いてちゃダメですね。とアンパンマンは言う。

そのとおりじゃとジャムおじさんはにっこり笑う。

そして、ジャムおじさんは増えた仲間たちにむかって、号令をかける。

よーし! パン工場に帰ろう! 工場にはみんなのパンも焼きあがっとるぞ!


はい!というアンパンマンたちの合唱。

オリジナル・アンパンマンが、彼らの先頭に立って、空に飛び出していく。

生まれたばかりのアンパンマン達も、血と臓物にぬれて力がでないなりに、ゆっくりと空に飛んでいく。

ジャムおじさんとバタ子さんが、アンパンマン号を走らせながら、声をそろえて言う。

それ! ゆけ! アンパンマン!

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20180205

2013-03-29あまりに月が綺麗だったから

淫税

| 淫税 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 淫税 - だって、思いついたから


自慰による精子もしくは膣分泌液の放出量に応じて、「オカズ」となった人間および創作物の作者に対して支払われるロイヤリティーのこと。支払うのは世界127ヶ国が加盟する人口抑制のための国際組織BFP。


淫税の概念自体は、昔からあったが、その実現性の困難さから実施までには至らなかった。しかし、ナノマシンによる生体モニタリングが一般化し、人類の生命活動および思考がリアルタイムで記録できるようになったことで可能になった。


淫税の計算技術をもっとも最初に実用化したのは、インドの高校生で、それは趣味で作った携帯デバイスのアプリだった。以後、BFPが対象を生体モニタリングを行う全人類に広げた公式アプリを開発し、淫税の制度を整えた。

淫税収入を得るには、BFPに淫税の対象(自分自身あるいは創作物)を登録する。登録の際は審査が行われるが、既に登録されているものでないこと、著作権等が確認できれば、費用はそんなにかからない(10万円程度)。これはバスタブいっぱい程度で回収できる。


年一回、淫税が計算され、登録者に支払われる。ランキングは公表され、発表は世界中で放送される。数年前までは、淫税計算の元になった液体と同量のミルク(あるいはローション)を登録者の頭上からぶっかけるという趣向であったが年々量が増えて、会場の確保が難しくなり、また苦情が相次いだため、現在はCGのみで行っている。


ちなみに日本のアニメ、漫画の総淫税収入額は世界トップ。また、支払い額もトップ5に入り、国内における自給自足を行える数少ない国の一つである。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20130329

2012-12-28ライフステージはもうゼロよ

女の子が生まれたら④

| 女の子が生まれたら④ - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 女の子が生まれたら④ - だって、思いついたから


娘はそう悪くない顔立ちなのに、泣くとかなりの不細工になって、それが可愛いやら面白いやらで、俺は娘が泣くたびにニコニコしてしまうけどその度に妻に怒られて反省する。でもニコニコは止められない。笑みはこぼれるもので、アクシデントなのだ。そんなこんなの間に娘はすくすくと成長して泣くこと自体少なくなって、俺は何だか寂しいようなほっとしたような気持ちを抱いたのも束の間、その娘が就職して3年目にいきなり結婚前提お付き合い彼氏を連れてきたので新展開に俺は飛び上がる。ゆ、ゆるさ~ん……なのか?俺よ!

二人を前に内心わーという感じに舞い上がってる俺に比べて、隣の妻はいつも通り落ち着いていて、これは前もって知っていたに違いないとか思うと、何だか俺だけ仲間外れみたいで寂しい感じとか、言えよ~お前ら~みたいな面白い感じがこみ上げてくるのを何とか押し殺して父親らしい父親を演じようと俺は頑張る。なのに「娘のどこが気にいったんだい」という軽いジャブに対して彼氏は真面目な顔をして「美帆さんの顔です」とか何だかわからないのを返してくる。早速のラリー失敗に、俺は崩れかけるが「こういう正直なところが好きなの」と娘は何だか嬉しそう。娘ののろけに唐突な嫉妬心を煽られながら、それは今置いといて、そうなの?それは彼の美徳でいいの?ビジュアル目的に結婚する事は問題じゃないの?と俺は混乱するけれど、そういや俺も妻の顔が好きで付き合ったんだったと思い出す。じゃあ、いいかと納得しかけるが、いやいやでも他にも笑いのセンスとか俺以外の人への優しさとか諸々に惹かれたんだから顔だけじゃないと盛り返す反対勢。

隣の妻をうかがうが、彼女は肯定も否定もない「あなたが決めなさい」という顔で前を向いていて、俺一人で考えるしかないけれど、やっぱり俺にはわからない。ゆ、ゆるさ~ん……なのか? 俺よ!

結局、わからないまま会談は終わり、その次の会談で、俺は結婚を許す。流されたわけでもないし、彼氏のことはわからないままだれど、これは元々許すとか許さないとかの問題じゃなくて、俺に求められていたのは俺はお前達を応援するぜという意思表示であって、それなら俺の意思は娘が生まれてからずっと決まっていたのだった。


それから7年が経っても二人は仲良くやっている。正雄君(娘の旦那)は娘を大事にしてくれて、それはたまに夫婦揃って帰ってくる娘の表情からうかがえる。だから、俺はほんの少し心配になって娘に聞いてみる。

「お前、正雄君の前で泣いたことある?」

「あるよ。けんかしたときとか普通に。当たり前じゃん」

「そうか」

それは、正雄君が本当に娘の顔目当てで結婚したとしても、その後でその他諸々の娘の良いところを好きになったのかもしれないし、元々そういう諸々も含めて娘を好きだったのかもしれない。それとも正雄君はあの不細工な娘の泣き顔ですら好きになったのかもしれないし、不細工な顔が好きなのかもしれない。そして、それはどれであっても娘にとって幸せなことなのだ。

俺は何だか恥ずかしくなって笑う。

娘も笑って言う。

「お父さん、その顔、結構不細工だよね」


『文投げ部』の紙 vol.1

| 『文投げ部』の紙 vol.1 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 『文投げ部』の紙 vol.1 - だって、思いついたから

京都には「やみいち行動」という団体がありまして、年末に即興芝居をする知る人ぞ知る方々なのですが、

第34回やみいち行動

http://yamiichi.org/next/y34_kashi/y34.html


そのメンバーに文投げ部員(id:yarukimedesu)が紛れ込んでおり、その伝手で、文投げ部の名前を冠した小冊子を、その場にて配布させていただくことになりました。

f:id:sasuke8:20121227222138p:image

レーザープリンターで印刷して中綴じ用ホッチキスで止めた中綴じ40ページの小冊子を100円で販売いたします。こないだ寄稿した「THE LAST WANNABIES」が300ページ超で500円ですから……えーと、それよか高いですね。とりあえず私とid:yarukimedesuの20000字近い書きおろし小説が入っています。大晦日らしく、「除夜」にちなんだ「アイドルがうんこする話」と、「花嫁が再殺される話」です。売れなかったら、京都の夜は寒いので、id:yarukimedesuが凍えないように燃やしてしまう可能性があるので、どうか少しでも売れて頂きたい。vol.1としているので、vol.2を出そうと思えるような感じにして頂きたい。

あと「THE LAST WANNABIES」と言えば、買い損ねた人があと200人くらいいらっしゃると思いますが、コミックマーケット83でも追加販売されるようですし、通販でも買えるみたいです。現代ってすごい!

はてなブログ

COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 The Last Wannabies

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20121228

2012-11-13やるっきゃ内臓

文学フリマに出る同人誌に小説が載ります。そのはずです。

| 文学フリマに出る同人誌に小説が載ります。そのはずです。 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 文学フリマに出る同人誌に小説が載ります。そのはずです。 - だって、思いついたから


このたび、id:harutabeさんに誘っていただきまして、同人誌に寄稿させていただきました。

サークル名は「消費社」(http://tlw.g.hatena.ne.jp/)、誌名は「THE LAST WANNABIES」。リンク先には、参加者の名前が載っていますが、錚々たるメンバーですよ。はてなで創作とか変な文章を好んで読んでいる人にとっては馴染みが深いのではないのでしょうか。そして、その中に、僕もいるのです。えへへ。その10人の小説が載って300ページ超の同人誌となり、特別価格500円で売られるという、この破壊的お得感……! 圧倒的じゃないか……! この本は、11月18日に開かれる文学フリマ(http://bunfree.net/)で売られます。関西地区の人間は悔し涙を流すがいい……フハハ! ブースは「オ-41」、カテゴリは「評論 - インターネット」です。


f:id:sasuke8:20121111193349p:image


僕は「右腕がフードプロセッサーになってしまった可哀想な女性」の話を書きました。この話は、「柴田ヨクサルに漫画化してもらいたい賞」に応募しようと思って書いていたのですが、そんな賞がなかったことと、最後まで書けなかったことから、みんなの創作メモサイト(http://asamesi-note.tumblr.com/)に寝かせていました(http://asamesi-note.tumblr.com/post/13108497245)。しかし、今のところ誰も続きを書いてくれてないので、今回の機会に自分で書くことにした次第です。


あと300ページ超で500円という特別価格の話ですが、さらに買っていただいた方には、更なるお得感が用意されておりますよ。1.特別価格500円で買う。2.知り合いに定価2500円で売る。3.利益の50%をまるごとGET! つまり、500円で買ったのに、1000円が手元に残ります。500円でもう一冊買ったとしても、金銭的にはプラスマイナスゼロ。しかし手元には300ページ超の紙の束が。まるで、魔法のよう! (残り50%は消費社に渡してください。法律で決まっております)


まあ……そんな感じで、途中から何だか疲れたような嘘が交じってしまいましたが、それらを確かめるためにも、当日は「消費社」の「THE LAST WANNABIES」を買いに「文学フリマ」に行くっきゃないですね。そして本を買って、中身を褒めちぎったりしてね。しちゃったりしたらいい。いいんだ。

sasuke8sasuke82012/11/15 22:5816日って書いてたのを18日に修正しました。本当に嘘を書いてしまっていた…。
さっき「もうすぐ、文学フリマ……え、明日? 平日なの?」とか一人で驚愕して確認して、自分が16日と思い込んでいたことに気付きました。
こんなときばかりは、自分の書くものの影響力の少なさに、ほっとしました。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20121113