だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-05-23超緊張(ちょうきんちょう)、逆に読んだら読みにくい

人見知り探偵

| 人見知り探偵 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 人見知り探偵 - だって、思いついたから


先生は、今日頭痛がするので部屋で休むと」

「昨日は腹痛だっただろ! いい加減推理しろよ!」

「ご安心ください。探偵は死にません」

「俺たちが死ぬんだよ! 探偵のことは誰も心配してねえよ!」

今日頭痛がするので推理はできません。また後日」

「後日後日って、もう5人死んでるんだぞ!」

「残り5人ですね」

「あんたと探偵抜いたら、3人だよ! 犯人はあの二人のどっちかだろ? もう俺でもわかるぞ。ばかやろう」

「ちょっとまて、お前。お前だって犯人かもしれないだろ」

「なんだ、お前も来たのか。俺は俺が犯人じゃないって知ってるんだよ。大体、犯人犯人が捕まえてくれって探偵に言うかよ!」

「いや、演技かもしれない。探偵が動かないのを見越してのな」

「そういうミステリをかじったようなお前の喋りが一番怪しいんだよ」

「何だと!」

「おい、結局、探偵はどうなったんだ?」

「これで、容疑者全員集合したな…」

先生は、腹痛で寝ておられます」

「こら、さっき頭痛だっただろ」

頭痛と腹痛でした」

「でした、じゃねえッ!」

「はあ……。もう誰でもいいから犯人指名してくれよ」

先生は、私を含めて同時に三人以上の人間と同じ部屋にいられません」

「人見知り以前じゃねえか!」

「今、さらっと頭痛も腹痛も仮病だって認めたよな…」

「あんたも含めて三人となると、後1人が犯人になるな」

「極めて論理的に犯人が浮かび上がる仕組みです」

「仕組みじゃねえよ! 何も仕組まれてねえ!」

探偵は、常に後手にまわるものなのです」

「そうですよねえ」

「納得すんなッ」

「はあ…。帰りたい」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20060523