だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-27俺があいつで、あいつはあいつで

少年はみな洞穴をめざす

| 少年はみな洞穴をめざす - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 少年はみな洞穴をめざす - だって、思いついたから


その穴がいつからあったのか誰も知らない。昨日できたのかもしれないし、明日には無くなるのかもしれない。

ただ行き止まりなのは知っている。それでも、僕らはどうしてか、闇に向かっていく。

「何書いてるの?」

「うわぁっ」

僕は不自然な程狼狽してペンをとり落としてしまった。ペンは二三度跳ねてから、岩の隙間に落ちる。

「に、日記

「ふうん」

特に興味もなさそうに、名前も知らない女の子は、もう膝を抱えて別の方を向いている。僕は岩の隙間に手を入れてペンを取るふりをしながら、女の子スカートの中を見ようと試みた。


「穴に遇ったら入り隊」に志願した僕は、この名も無い洞窟の中に6時間程いる。全身から発光する特異体質のマッスルな先輩が一人いて、おかげで洞窟内は無闇に明るい。皆の真ん中で実に6時間ぶっ通しでポージングを続ける先輩を、僕はいろんな意味で直視できない。

で一応、僕らは遭難しているのだ。お、白?

「奥に行ってみない?」

「う! わ! あー……あ、危ないよ。きっと」

女の子は不審な僕には構わない様子で(救われた)、

「皆、外に出たいのか、ここに居たいのかよくわからなくなってるみたいだし」

「で、でも」

洞窟の奥には狼がいるかもよ。へへへ。

「大丈夫だって。あ、ペン?」

そう言うと女の子は岩にグバンと手を入れてペンを取り出した。それは、泥に手を入れるような気軽さで。一見してオアシスでもどんぶら粉でもなさそうだけど。純粋なる……。

「行こうか」

「はい」

黒くぽっかりと空いた女の子の双眸には、計り知れない何かがあって、僕は自然とあらたまる


どうして洞穴に向かうのか? それは何かを期待するからだろうな。

先の見えない暗闇に、なぜか光を見ようようとするから。



第十回萌理賞

http://q.hatena.ne.jp/1177213446
トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070427

2007-04-26筋肉は信用できない。贅肉は油断がならない。

まだ見ぬ君へ

| まだ見ぬ君へ - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - まだ見ぬ君へ - だって、思いついたから


まだ見ぬ娘へ


この手紙を君が見るときはいつだろう。文字を読めるようになって家中の本や手紙を読み漁るときだろうか。

この手紙は、君と、君のお母さんに宛てた僕の誓いだ。もし今君や君のお母さんが、僕が原因で泣いているのだとしたら、この手紙を見せなさい。それで、君たちの状況が変わらないのなら、殴って縁を切ってもいい。これは小さな魔法だ。僕はセロのように派手な事はできないけれど、精一杯格好をつけて君に渡したい。君と君のお母さんと僕を繋ぐ見えない力がこの手紙にはあるはずだ。

まだ見ぬ君よ。まだこの世に生まれていない君にこんなことを言うのは変だとわかっているけど、僕は今確信している。僕は君を一生涯愛するだろう。君の生を祝福し、君の喜びに笑い、君の悲しみに涙を流そう。


まだ見ぬ妻へ


上の手紙を見て、君の娘に嫉妬したかもしれないね。それとも、君の方が娘を愛しているとむっとしたのかもしれない。どちらにしろ僕は嬉しい。それは、君が僕と僕と君の娘を愛している事の証明なのだから。

ああ、早く君に会いたい。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070426

2007-04-24女王刑事マリー&ワネット

第二部・佐渡島シャッター

| 第二部・佐渡島シャッター - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第二部・佐渡島シャッター - だって、思いついたから


1

9月1日

それは佐渡島シャッターが初めて登校した日となる。佐渡島シャッターは、10歳になるまでのずっとを病院の中で過ごした。佐渡島シャッターが生れ落ちたその日に、彼は1/100000000000の確率で起こる奇病に選ばれ、両親はそれから病を治療する事に尽力し、その結果として佐渡島シャッター病院から出られなくなった。

そして10年目にしてついに、奇病の治療は現代医学から見放される。

「申し訳ありません。しかし、これ以上の治療は私たちには出来ません」

医師達は深々と頭を下げた。それは医学に対するプライド故の謝罪であった。佐渡島シャッターは瞬時に医者と両親の空気を読む。そして、その空気から逃れたくて、その空気に背中を押されるように、佐渡島シャッターは両親と医者の目の前で言った。

「僕、学校に行ってみたい」

もちろん嘘であった。小さな頃から病院で過ごした内気な少年にとって、今更学校に行く事は恐怖でしかなかった。ハンデだけを持って、通常のゲームに戻されることに、佐渡島シャッターは怯える。だが時間は佐渡島シャッターにとってあっという間に過ぎていく。

そして、9月1日

続きを読む

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070424

2007-04-22ノトーリアスB.L.O.G

BLOG

| BLOG - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - BLOG - だって、思いついたから

ブログ/ブロガー/blog/blogerという言葉にやっと慣れてきた今日この頃bloggerが正しいのかblogerで良いのか、そんな事もわからないけど、ここはblogみたいだし僕はblogerだ、なんて事を考えた直後に、BLOGが、Boy's Love On girlの略だったとしたら……! なんて妄想にとり憑かれて、未だblogに踏み込めないでいる。


bloggerは肉を持たず、されど魂も持たない

| bloggerは肉を持たず、されど魂も持たない - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - bloggerは肉を持たず、されど魂も持たない - だって、思いついたから

bloggerとはblogを書く人を指すのだろうが、ここではblogから透かし見える存在としてのbloggerを指すことにしよう。つまりid:sasuke8bloggerである。


blogを書く人が、然るべきblogサービスを用いてblogを書く。やがて第三者がblogを読みblogを書いた人の存在を認める。ここでbloggerが生まれる。他者に観測されて初めて生まれるbloggerと、blogを書く人の間には存在としての溝がある。


blogを書く人は肉を持ち、その肉に魂を宿した人間である。blogとは、blogを書く人の日常や思いつき、知識及び妄想奇想が、文字や画像デザインの形で受肉したものである。しかし、blogは肉の塊に過ぎず、魂を持たない。そして、そのblogから透かし見える存在であるところのbloggerは肉を持たず、魂も持たない。言うなればただの影である。blogblogを書く人の所有物であり、blogを透かして見えるbloggerblogを書く人が所有できない付属物であるともいえる。

これをblog三位一体、またはblogジェットストリームアタックと名づけようかと思う。


さて、blogの大罪であるところの炎上DISり合いと言った悲劇の原因は、blogを書く人が、bloggerもしくはblog自体を自身と同一して考える事により痛みを引き受けてしまう事にあるのではないかと思う。本来は、blogbloggerを攻撃するツールとして使われたとしても、blogを書く人は何らダメージを受けないはずなのである。かと言って自身の所有物であるところのblogがけなされれば哀しくなる。僕なら泣く。


さてさて、本題は肉を持たぬbloggerの話である。この存在は非常に興味深い。それはフィクションにおける登場人物たちのようなカリスマ性と親和性を持つ。blogger萌えなどという現象も、実界と幽界の狭間に漂うbloggerならでこそ起こるのだと思う。

さて、さてさて、我々のbloggerは、今はどんな姿をしているのだろうか。blogは間違いなく我々に端を発するものであるが、観測者の介在によって生まれるbloggerがどんな風に育って、どんな姿をしているのか……。それほど心配する事はない、我々と我々のbloggerは別個の存在であって、肉も魂も持たないただの影に過ぎないのだから。一度、後ろを振り返ってみてもいいかもしれない。ただ、後ろを見てもそこにbloggerは見つけられるわけではないのだが……。

sasuke8sasuke82007/04/23 01:10「blogに踏み込めない」と書いた直後に、blogblog言ってますが、あれです。「こいつは、かつてない速度で成長しているッ!」とか思うと、楽しいですよね。

sasuke8sasuke82007/04/24 02:12bloger→bloggerに修正しました。ご指摘ありがとうございます。今になっていろいろ恥ずかしくなってきてます。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070422

2007-04-20ディアボロは悪くない!悪いのは私なの!

密室

| 密室 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 密室 - だって、思いついたから


「この部屋は完全な密室だった! その部屋にどうやって犯人は入りこみ、被害者を殺し、そしてまた出てくることができたというんだ!」

密室は、入ることも出ることもできないから密室なんです。入りこみ出てくる事ができたら、それは密室じゃない」

「じゃあ、君は、この事件は他殺ではないというのか」

「いいえ、他殺です。他者の悪意が被害者を殺害せしめたのは間違いない。そして密室であることもまた、間違いないのです」

そして探偵は薄く笑い、解答編がはじまる。


被害者は、200キロ超のあぶらぎった力士風の男達数十人にもみくちゃにされた状態で発見されました」

「完全な密室だ!」

「その通りです。男たちの肉は押しつぶされ変形し部屋の空間という空間に柔軟に広がったことで、部屋は完全に密封されてしまいました。問題は、この完全な密室犯人はいかにして入り込み被害者を殺害しまた出て行ったのか。逆に考えるのです。犯人密室に入る必要など無かった。むしろこの密室を完成させ、被害者を窒息死させることが犯人の狙いだったのです」

探偵は語り終え、目を伏せた。

「な、なんだって! 」

「部屋に200キロ超のあぶらぎった力士風の男達を数十人配置した時点で、犯人殺人は完成していた。後は被害者が窒息して死ぬか、押し潰されて死ぬかを待てば良いのです。今回のように被害者が極度のストレスから心臓麻痺引き起こして死ぬケースは稀でしょうがね」

「そうだったのか。我々は200キロ超のあぶらぎった力士風の男達でうまったこの部屋を見て、即座に不可能状況だと断定しまった……」

「200キロ超のあぶらぎった力士風の男達の身元を洗い出せば、犯人には辿り着けるでしょう。そこからは私の管轄外です」

「協力を感謝する」

いえ、と短く答え、探偵は部屋を出て行く。

こうして、200キロ超のあぶらぎった力士風の男達数十人殺人事件は幕を閉じた。

探偵を見送りながら、警部は「何だコレ……」と呟いたが、風に飛ばされて消えた。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070420

2007-04-13その逆はない

ベビー探偵

| ベビー探偵 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - ベビー探偵 - だって、思いついたから


「こんなところに、赤ん坊が」

茂木義春が、部屋に入ったとき、赤ん坊はぐずり始め、やがてわんわんと泣き始めた。

「くくっ、お前にもわかるようだな。そうさ、俺は悪人だ。マヌケな警察はまだ証拠をつかんでないようだが、俺は親友を殺し、その罪を自分の恋人押し付けたんだ。へへへ、最低だなあ」

「本当に、最低だな」

低い声が部屋に響いた。茂木は部屋を見回したが、やはり誰も居ない。

「な、だ、誰だ!」

動揺する茂木。しかし、次の声は意外なほど近くから聞こえた。

「ここだぜ、てめえの目の前だ!」

その声は、間違いなく目の前の赤ん坊から発せられていた。

「な、なんだとぉー!」

「会話は隣の部屋の警部たちに筒抜けだ。罠を張って正解だったぜ!」

赤ん坊は不敵に笑い、茂木は状況を飲み込む前に警官に取り押さえられた。



卸屋不言。1歳と3ヶ月。最年少探偵として活躍する。今、世界でもっともヘビーなベビー


「あら、こんなところに、赤ん坊が」

鈴木幸恵が部屋に入ったとき、赤ん坊は、にっこりと笑った。

「可愛い……。こんな私にも微笑んでくれるの? う……う……でも私にはそんな資格なんかないの! 私は、恋人をとられたからって、親友を殺して……ごめんなさい! ごめんなさい!」

「謝るのはもう遅いぜ……だが償う事はできるはずだ」

低い声が、誰も居ないはずの部屋に響いた。

「誰! どこにいるの!」

「ここだよ、あんたの目の前だ。どうした、可愛い顔が台無しだぜ……」

鈴木幸恵は、一瞬驚きに動きを止め、赤ん坊に覆いかぶさるようにして泣いた。



先代のベビー探偵、卸屋イワノフ(32)は、息子についてこう語る。


「あいつは、私が15のときにやっと出来た事を、生まれて半月でやりとげた。間違いなく私以上の探偵になると思いますよ。親バカとかじゃなくてね」



卸屋イワノフは、結婚するまで現役ベビー探偵として難事件を解決し、異才の探偵として多くの探偵賞を受賞している。



探偵業についてどう思うかだって? おいおい、生まれて2年も経ってない赤ん坊にそれを聞くのかい? はっ、そんなのわかんねえよ。ダディーがいて、マミーがいて、ダディーは探偵だったが、俺も探偵だった。それだけだ。それだけでいい」




「別に俺は探偵をずっと続けるつもりはないぜ。俺自身はまだなんとも思っちゃいねえけど、マミーが心配してる。マミーにやめてくれって言われたら、俺はyesと言うだろうぜ。俺は泣くのが仕事だが、彼女を泣かせるような真似は流石にできねえ」


世界で最も不遜な赤ん坊は、そう言って肩をすくめた(ように見えた)。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070413

2007-04-04桜の下には新入生が埋まっています

第九回萌理賞感想

| 第九回萌理賞感想 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第九回萌理賞感想 - だって、思いついたから

参加できなかったのですけど、id:sunagiさんが感想かいてくだすったので、萌理賞感想書きます。どんな感想でももらえたら、とりあえず自分は嬉しいので、そのような気持ちで書きます。

  • 『世界ガール』id:natu3kanさん
    • 永遠にこのままなんてことはあるはずもなく、きっと望むものにもならいのだけども、やっぱり終わってしまうのがとても悲しいから最後くらい楽しもうか、でもやっぱり寂しいわーこれは、それでも。というような。終わる事には納得しながらも、それでも惜しむような、ざわざわした気持ちを感じました。
  • 学校が終わって下校するところ』id:kenjeenさん
    • 伸びきった腕やら、にこやかな顔やら、後ろの桜たちが、この子達が幸せの真っ只中にいる事を表してますよ。恨めしい。
  • 『緋徒花』id:vancatさん
    • ああそうか、これは怖い妹の話なのですね。心地よい春、希望に満ちた生徒たち、美しい桜、と兄さんの絶望が対照的で、際立ってます。悲しみの理由がわかえてくると共に、妹の立場が逆転すると、うまいなあ。
  • 『望月さんが僕の肩を撫でた。嫌な感じがした。』id:llasamiさん
    • されるがまま無視する主人公男子の判断がどうも理解しかねるのだけども、流されるままになっちゃうのは共感できます。えろいですね。
  • 『萌理学園校歌』id:plb3 さん
    • 校歌にその年の個性が出るのが面白いと思いました。歌の定義が曖昧で、むちゃくちゃなところが出てくると楽しそうです。お経とか、もう歌わないとか。
  • 『卒業』id:jun21さん
    • 怖いよう。このまま「壊れても治る先生」も壊しに行きそうだ。それも自由なのか。こんな子がたくさんいるのだとすると、社会的に危険視されそうだなあ。僕は尾崎では「シェリー」が好きです。
  • 若草萌ゆる前に』id:tophelさん
    • 台詞一切なしで、情景を思い浮かべると、これが一番萌えます。頭の上の桜の木というマヌケな設定が、出すぎず自然に溶け込んでいるところもグッドです。いいなあ。
  • チェリーブロッサムid:terasuyさん
    • ぐぐぐっと引き込まれていく感じがいいです。で、うまいことおとされる。個人的には告白部は部内恋愛禁止というか、恋愛スポーツであり、管理すべき対象であるので、本当の恋愛感情がよくわからない異文化であってほしいと思いました。
  • 感想感想
    • なんか、感想になってないのもありますが、感じて想った事なので間違っては無いですよね。
トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070404

2007-04-01エイプリルフール記念!100エントリ更新!

正しい資質

| 正しい資質 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 正しい資質 - だって、思いついたから

第九回萌理賞――

http://q.hatena.ne.jp/1175088378

「何でよ! 幽霊は入学できないっての?」

「ええ、まあ」

「はッ! 幽霊が入学出来なくて、何が萌理! 何が学園異能! 笑止!」

「いや、だってあなた、試験受けてないでしょう」

幽霊に、試験も何にも無い!」

「じゃあ、学校もねえだろうが!」

一歩もひかない幽霊女の子に困り果てた門部の生徒に、頭の禿げた小柄な男が近づいてくる。

「どうしました」

「教頭先生

助かったという表情で、生徒は事情を話す。

すると教頭は、にっこり笑って、

「学ぶ意思のあるものを、拒むわけにはいきませんね」

「話がわかるぅ」

女の子は嬉しそうに門をくぐり教頭の脇を通り抜けたところで、突如後ろに出現した殺気に、透けた身体を震わせる。

「では裏試験開始です。内容は、『嫌味な教頭を殴り倒して、そのまま入学式に乗り込む』、ということで」

にっこり笑ったまま拳を握りこみ、腕を前に出し、腰を沈めた教頭の姿がそこに在った。小さな身体は、引き絞られた弓の矢のように女の子を狙っている。女の子は死んでから初めての怖気を覚える。


「あなたは覚悟してきてる人、ですよね? 幽霊だからって、死なないわけではありませんよ」

じーざす……女の子は低く呟いて、拳を前に突き出した。


萌理学園裏試験! それは入学式当日に行なわれる! 

飛び抜けた個性、並外れた幸運または不運を身に纏った人間が、試験―入学というシステムに収まるとは限らない。しかし、萌理学園の求める人材とは、得てしてそのような者達であった。故に! 規格外の人間サルベージするためのシステムが、ここ萌理学園にはあった!

sasuke8sasuke82007/04/01 22:55なんか萌理賞に回答資格がなく、振り上げた物語をどうすることもできず、ここに書いた次第であります。はてな、嘘だと言ってくれ。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070401