だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-04-01エイプリルフール記念!100エントリ更新!

正しい資質

| 正しい資質 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 正しい資質 - だって、思いついたから

第九回萌理賞――

http://q.hatena.ne.jp/1175088378

「何でよ! 幽霊は入学できないっての?」

「ええ、まあ」

「はッ! 幽霊が入学出来なくて、何が萌理! 何が学園異能! 笑止!」

「いや、だってあなた、試験受けてないでしょう」

幽霊に、試験も何にも無い!」

「じゃあ、学校もねえだろうが!」

一歩もひかない幽霊女の子に困り果てた門部の生徒に、頭の禿げた小柄な男が近づいてくる。

「どうしました」

「教頭先生

助かったという表情で、生徒は事情を話す。

すると教頭は、にっこり笑って、

「学ぶ意思のあるものを、拒むわけにはいきませんね」

「話がわかるぅ」

女の子は嬉しそうに門をくぐり教頭の脇を通り抜けたところで、突如後ろに出現した殺気に、透けた身体を震わせる。

「では裏試験開始です。内容は、『嫌味な教頭を殴り倒して、そのまま入学式に乗り込む』、ということで」

にっこり笑ったまま拳を握りこみ、腕を前に出し、腰を沈めた教頭の姿がそこに在った。小さな身体は、引き絞られた弓の矢のように女の子を狙っている。女の子は死んでから初めての怖気を覚える。


「あなたは覚悟してきてる人、ですよね? 幽霊だからって、死なないわけではありませんよ」

じーざす……女の子は低く呟いて、拳を前に突き出した。


萌理学園裏試験! それは入学式当日に行なわれる! 

飛び抜けた個性、並外れた幸運または不運を身に纏った人間が、試験―入学というシステムに収まるとは限らない。しかし、萌理学園の求める人材とは、得てしてそのような者達であった。故に! 規格外の人間サルベージするためのシステムが、ここ萌理学園にはあった!

sasuke8sasuke82007/04/01 22:55なんか萌理賞に回答資格がなく、振り上げた物語をどうすることもできず、ここに書いた次第であります。はてな、嘘だと言ってくれ。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070401