だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-30卒業自在

第十一回萌理賞

| 第十一回萌理賞 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第十一回萌理賞 - だって、思いついたから

第十一回萌理賞

http://q.hatena.ne.jp/1179911611

ぐだぐだの感想並べていきます。


  • 『戸上さん』id:tophelさん
    • 最初読んだときわからなかったけど、7人を想像して読むと、このごちゃごちゃとした感じが演劇の1シーンや短編映画のようでとてもとても楽しい
  • 『三毛と鐘と影』id:natu3kanさん
    • 舌足らずなネコ耳というあからさまな感じを、裏側から見る僕の存在で抑えて、物語萌え萌えさせてないのが良かった。そして最後のオチが好き。
  • 『潤井由華』id:kenjeenさん
    • ちょっとボーイッシュで元気な感じの絵だなあと思って、人物設定みたら、すごい危ない人だった。で、もう一回絵の方を見ると、やっぱり危ない。半開きの口が怖い。
  • 不思議委員会・実地編』id:hatikadukiさん
    • 「何があっても不思議じゃないのだ!」は、不思議委員会の存在自体を揺るがしてるような。投げやり気味な委員の二人が醸しだす空気が、偽りの永遠を循環し続ける定めにある萌理学園を表しているようで、実は問題作なんじゃないかと思ったり。
  • 『階上の絞殺者』id:glireさん
    • 「わたし達、『七不思議』は」で、ぐっと引き寄せられて「化物め…」でおお!となる。かっこいい。最近、こうゆうの好きだ。


今回はついに念願の大賞とったった!なのですが、極端な設定の作品を避けられたようなので、極端な設定好きの僕としては、なんとも素直に喜べないような。今回は負けたなあと思ってたところもあるので……。でもまあ、何だ。大賞とったったで!やったー!

ありがとうございました。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070530