だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-02リア・実存

リア・ディゾンには夢がある

| リア・ディゾンには夢がある - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - リア・ディゾンには夢がある - だって、思いついたから


「じゃあ、乾杯!」

暗いバーの中に女が四人。他にはマスターが一人、女達には興味なさそうにグラスを磨いている。女達は、一斉に目の前のビールを呷った。

「私達の、これからに」

「これからに!」

「じゃあ、やっとく?」

「やっとく!」

女達は、席を立つと、一列に並んだ。

一番前の女がしゃがみながら叫ぶ。

フロント・ディゾン」

二番目の女が腰に手を当て右に傾く。

ライト・ディゾン」

三番目の女は二番目の女と同じ格好で、左に傾く。

「レフト・ディゾンやで!」

やっと顔が見えた最後の女が呟く。

リア・ディゾン……」

「四人合わせて、フォア・ディゾンヌ!」

満面の笑顔の三人。だが、最後の女は、無表情に呟いた。

「ない……これは、ないわ……」

「リア?」

最後の女――リア・ディゾンは、一人、席に戻り、頬杖をついた。

「発想が古い……おめでたいにも程がある……」

「リア……? あんた」

フロント……五月蝿いわ……」

フロント・ディゾンは目を見開き、拳を固め、怒りを必死に抑える。

「なんでや! 私ら、この為に頑張ってきたんやで!」

「あんたの関西弁は似非なのよ、レフト……。わかるのよ……そういうのは……」

レフト・ディゾンは俯き、唇を噛み締める。

フロント・ディゾンが、ゆっくりと立ち上がる。

「そう言うあんたは、さっきから『……』が多すぎじゃない? お手軽なキャラ作りをしてんじゃねえよ!」

猛るフロント・ディゾンに、リア・ディゾンは表情を変えない。

「そうしないと誰が誰かわからないからよ……ここには四人も同じようなのがいるんだから……いやもう三人か……」

「何が……! こうなったら、力ずくでも、あんたを」

フロント! ライトが息してないんやで!」

振り向いたフロント・ディゾンが見たのは、レフト・ディゾンに抱きかかえられ、泡をふくライト・ディゾン。皮肉にも、硬直して震える指先がライト・ディゾンの生存を伝えている。そして、

「胸が苦し……やで」

次いでレフト・ディゾンが胸を押さえ、ライト・ディゾンに覆い被さるようにして倒れた。

フロント・ディゾンは、振り向き、鋭くリア・ディゾンを睨みつけた。

「さっきの、酒」

リア・ディゾンはさっきから表情を全く変えていない。興味を失った眼でかつての同胞を眺める。

「だから、おめでたいにも程があるのよ……力ずくの勝負なんて産まれた時から始まってるのに……」

フロント・ディゾンは、カウンターを見た。マスターは相変わらず興味なさそうに、グラスを磨いていたが、フロント・ディゾンの視線に気付き、とろんとした眼のまま、会釈した。

フロント・ディゾンは力尽きたように膝をついた。上半身を折り、額を床に付けて、眼を瞑る。

「……まだやで」

「……」

フロント・ディゾンの拳に、ライト・ディゾンとレフト・ディゾンの掌が重ねられた。

「レフト……ライト……!」

「……あたしたちの力を……やで」

「た……たの…」

弱弱しく震える二人の掌を、フロント・ディゾンは握り締める。

「そうだな……やらなくちゃな……誰かが」

フロント・ディゾンは立ち上がり、握り締めた拳をリア・ディゾンに突き出し叫んだ。

「リアアアァァッッ! お前は、あたし達の、『信頼』を踏みにじったッ!」

床を蹴り、瞬間でリア・ディゾンとの間合いをつめると、フロント・ディゾンは、握り締めた拳を振り下ろす。願いと怒りを込めた拳は椅子破壊し、床にめり込んだ。だが、そこにリア・ディゾンの姿はない。

「ど…どこ」

返答はフロント・ディゾンの背後から。

「後ろよ……私はいつも、そしてこれからも……リアなのよ」

振り向いたフロント・ディゾンの身体中に、リア・ディゾンの拳が放たれる。

「だからカスは! 私の後ろに、立つんじゃあなイ! リアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリア・ディゾン!!(背後に立つディゾン)」

フロント・ディゾンは後ろに吹き飛び、壁をぶち破り、動かなくなった。

リア・ディゾンは、席を立ち、かなり多い代金をカウンターに置いて、店を出ていく。

外に出たリア・ディゾンは、半ば雲に隠れた月を見て呟く。

「私ハ、グラビア・スターになル」

そして、感情的になった自分を恥じるように小さく笑い、小雨降る夜に消えていった。

tomozo3tomozo32007/06/02 23:53"次いでレフト・ディゾンが胸を押さえ、レフト・ディゾンに覆い被さるようにして倒れた。"
誤りでは?

sasuke8sasuke82007/06/03 00:15その通りです。ご指摘ありがとうございます。修正しました。
いやもう、どっちがレフトかライトか……。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070602