だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-23掲載紙を変えて再スタートのパターン

第1話「妹はバットを持って」

| 第1話「妹はバットを持って」 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第1話「妹はバットを持って」 - だって、思いついたから

第一部「父さんが脱サラして」

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070524/p1


病院に入って二週間が経った。僕はなんとか歩けるようになり、下の世話も自分でできるようになった。そして、新しい友達もできた。彼女は僕の隣の部屋に入院していて、僕がトイレから帰るとき、開けっぱなしだったドアから彼女笑顔を見たのだ。何度目かの偶然による逢瀬の後、僕から話しかけた。


そして今日彼女の部屋でテレビを見ながら話していたのだった。僕らはたわいも無いことで暇な時間をやり過ごしている。突然、笑顔だった彼女の顔が曇った。何か悪い事言ったかなと僕は少し不安になったが、黙って彼女が指差しテレビ画面を見ると、そんな不安など吹き飛ばすような衝撃をうける。ソース防犯カメラなのだろうか、粗い映像には、まず堂々とコンビニの棚から物をとって袋につめていく少女が、ついで止めに入った店員を、少女バットで殴りつける様が映し出される。その少女は間違いなく、僕の妹だった。



⇔妹篇:リレー小説少女魔王バット少年勇者バット『01奇跡の再始動』 :兄がバットを持って

http://yarukimedesu.blog19.fc2.com/blog-entry-1601.html#01
トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070623