だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-17肉よさらば

もし、クラピカがご飯を具現化していたら2

| もし、クラピカがご飯を具現化していたら2 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - もし、クラピカがご飯を具現化していたら2 - だって、思いついたから


VSウボォーギン。ハイライト



「……だが、隠を使えるのは私も同じ。そのご飯は念能力でオーラを具現化したもの。従って、隠で見えなくすることも可能」


「お前が普段もご飯を具現化してたのは、本物のご飯に見せかける為か!」


「実在するご飯を操る操作系能力者を装っておけば、敵は見えるご飯にだけ注意を払うだろう。まさに今、それが証明された……捕獲完了」





f:id:sasuke8:20070718000825j:image





燃えてきたぜ。てめーの恨みと俺の悪食。どっちが強いか! 勝負!」




「食い切れねえ! て、てめえ、一体!」




「折れた腕も、自己治癒力を強化すれば(そして、ご飯で骨をつなげれば)……完治」


バキバキにぶち折った骨が、完全に」





f:id:sasuke8:20070718000824j:image





「このご飯、ライスジェイル(束縛するサトウのご飯)は、捉えたクモの肉体の自由を奪い、強制的にお腹いっぱいの状態にする」


「それでか! さっきから全然食欲が出ねえのは」


「このご飯に捕らえられたものは、ご飯が好きな気持ちのみで、ご飯を食べ切らねば逃れられない。旅団の中で最も飯力のあるお前に食べ切れなければ、他の団員も食べ切れない道理」





f:id:sasuke8:20070718000823j:image





「最後のチャンスだ。貴様心臓に戒めのオムスビを刺し込んだ。私が定めた法を破れば、即座にご飯が発動し、貴様心臓を握りムスぶ。定められた法とは、私の質問に偽り無く答えること。それさえ守れば、もうしばらく生かしておいてもいい。他の仲間は、どこにいる!」


「へ……くたばれ。馬鹿





f:id:sasuke8:20070718002423j:image




f:id:sasuke8:20070718004734j:image





千話一夜物語

| 千話一夜物語 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 千話一夜物語 - だって、思いついたから


千夜一夜物語ベースに、暴虐な王様に嫁いだ娘が王様に一晩中話を聞かせるスタイル物語を書いていく一周年記念のボツ企画。一晩中更新が続くので、blogを書く人と読む人の一体感がすごい感じに*1。でも実現性が著しく低く、百話一夜に妥協したとしても、無理と判断した。


娘が全話語り終わった後、王様が娘を殺そうとするのだけど、娘は突然笑い出して「儀式は終了した」とか言うと、王様が苦しみだす。実は娘は千話(百話)を語るという呪術儀式を行なっていて、エントリ縦読みすると王様呪詛言葉になっているという所まで考えてたけど、できんかったなあ。誰か参加してくれる人いたら反応ください。一夜で100とか1000個以上のエントリが上がっているのだろうけど、自分がその中に居るとしたら、それは素敵なグレートスピリッツ


祭りの後

| 祭りの後 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 祭りの後 - だって、思いついたから

これにて一周年記念謝肉祭を終了します。読んでくださった皆さん。本当にありがとうございました


以下いやらしい感じの祭りの後、後の祭りです。



テーマパークみたいな感じで訪問者が見回るような一週間にしたかったけれども数も質も中途半端な感じに……。毎日更新してる人たちの凄さがよくわかりました。



続き物としてカテゴリを作っておきながら書いてないのを一挙に更新したら一周年ぽくないかと思ったが、忘れていた。



温め続けている「大短編ドラえもん」と「ドラゴンクエスト1.9」をこの機会に書こうと思ったけれども思っただけだったという。



初期の読まれてないけど好きな物語群に、粗筋紹介とあとがきをつけてリンクを張って誘導してやろうというちょっといやらしい企画勝手に始めたお祭りに便乗してやろうと言う心意気がまたいやらしい。いやらしいと書くのもまたいやらしい。でもやります。

『人見知り探偵


先生は、今日頭痛がするので部屋で休むと」

「昨日は腹痛だっただろ! いい加減推理しろよ!」

「ご安心ください。探偵は死にません」

「俺たちが死ぬんだよ!……」 

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20060523/p1

ミステリでは、名探偵のはずなのに物語を面白くするために人は死んでしまう。それなら名探偵の能力は高いままで、最終日まで犯人がわからない理由を設定に組み入れてしまおうという意欲作。そして探偵の助手は愚直クールという二段構え。哀しくは筆力のなさで、その辺脳内で補完するしかない。


『死が二人を分かたない』


「汝、この者を妻とし、健やかなる時も、病める時も、幾度、輪廻を繰り返したあとも、未来永劫、愛し続けることを誓いますか?」

「…いいえ」

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20060821/p1

一生でも重いのに、輪廻まで入ると無理だと思うのですよ。永遠なんてない。中二病ですか?


信仰100%』


不幸だったのは、その三人が成長し、巫女シスターと尼になっていたこと、彼女達が淳平を中心にいがみあっていることである。淳平自身は無宗教であった。

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20060928/p1

巫女シスターと尼と妹、萌えキャラ(一部マニアックだが)バトルロイヤル路線。当時流行いちご100%とかけてみたが、今では記憶の彼方だな。CMネタは風化する。


『月が吼える』


「死んだ人の魂は、空に昇って、月に行く。そこで私たちを見守ってるんですって」

と教えてくれた。私ははっとする。

「妹も、そこにいます」

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20061028/p2

萌理賞を意識して書いた。妹の求愛を拒んだ兄。その拍子に妹は衛星軌道上まで打ち上げられ、妹は死を回避するため周囲のデブリと融合するが地球に帰れなくなる。軍事衛星ビーム砲で兄を抱きしめようとする妹と、妹への贖罪のため宇宙へ上がる術を探す兄という萌設定。ビームの音(?)が妹の叫びになっているところが良かった。


アナセブン


「で、何? 何か用?」

「いや、あのな」

「何よ」

「俺、ブログ始めた」

「は? お父さんが? ブログ?」

「誰も見に来ん。お前見に来い」

「…ぷっ。はははははは。行く行く。絶対行く」

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20061230/p2

アナザヘブン+セブンBlogでそれっぽく書こうとしたが、知らない事はやはりかけない。しかし、最後の会話はお気に入りだ。こういう温いのが好きだ。


ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

*1:今から思えば2chにはそんな場所があるのかもな

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070717