だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-17肉よさらば

もし、クラピカがご飯を具現化していたら2

| もし、クラピカがご飯を具現化していたら2 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - もし、クラピカがご飯を具現化していたら2 - だって、思いついたから


VSウボォーギン。ハイライト



「……だが、隠を使えるのは私も同じ。そのご飯は念能力でオーラを具現化したもの。従って、隠で見えなくすることも可能」


「お前が普段もご飯を具現化してたのは、本物のご飯に見せかける為か!」


「実在するご飯を操る操作系能力者を装っておけば、敵は見えるご飯にだけ注意を払うだろう。まさに今、それが証明された……捕獲完了」





f:id:sasuke8:20070718000825j:image





燃えてきたぜ。てめーの恨みと俺の悪食。どっちが強いか! 勝負!」




「食い切れねえ! て、てめえ、一体!」




「折れた腕も、自己治癒力を強化すれば(そして、ご飯で骨をつなげれば)……完治」


バキバキにぶち折った骨が、完全に」





f:id:sasuke8:20070718000824j:image





「このご飯、ライスジェイル(束縛するサトウのご飯)は、捉えたクモの肉体の自由を奪い、強制的にお腹いっぱいの状態にする」


「それでか! さっきから全然食欲が出ねえのは」


「このご飯に捕らえられたものは、ご飯が好きな気持ちのみで、ご飯を食べ切らねば逃れられない。旅団の中で最も飯力のあるお前に食べ切れなければ、他の団員も食べ切れない道理」





f:id:sasuke8:20070718000823j:image





「最後のチャンスだ。貴様心臓に戒めのオムスビを刺し込んだ。私が定めた法を破れば、即座にご飯が発動し、貴様心臓を握りムスぶ。定められた法とは、私の質問に偽り無く答えること。それさえ守れば、もうしばらく生かしておいてもいい。他の仲間は、どこにいる!」


「へ……くたばれ。馬鹿





f:id:sasuke8:20070718002423j:image




f:id:sasuke8:20070718004734j:image

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070717