だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-25マイ・ファイバリット・リズ

ディジモン癒えるかな?

| ディジモン癒えるかな? - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - ディジモン癒えるかな? - だって、思いついたから

メタボン、アルチュウ、メンヘル、コウシュウ、クサイアシ……

着せ替え幽霊の不思議

| 着せ替え幽霊の不思議 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 着せ替え幽霊の不思議 - だって、思いついたから

「私はただ綺麗な服を着て、皆みたいに可愛くなりたくて」

屋上、夕暮れ、唇を震わせて少女

「あなたは既にLv2。『物幽霊』を使役する危険幽霊だ。報告義務が発生します。私は嘘が嫌いですから、捨て置くわけにはいきません」

それを冷たく、見据える少年。風が吹く。

「使命を全うできない未練は物を幽霊に変える。だから貴女は買ったばかりの服やアクセサリを狙い、壊す。翌日には新たな姿の幽霊が現れる。物質破壊と日替わり幽霊。二つの不思議は貴女で繋がる」

「……私を消すの? 貴方はできるんでしょう?」

震える声で、毅然と少女

「できます。が、力はいらない……ふむ、それが元の貴女か」

いつの間にか、少女は、古いセーラー服。凛々しい眉と、黒縁眼鏡がのっかって。

少女は体を抱いて俯いた。

「貴女の未練を増幅する為、奴はこう言ったのでしょう。『君はもっと美しくなれる』。聡明で強い貴女がバカな言葉に騙されましたね」

少女の腕に力がこもる。小さく小さくなるようにぎゅうと体を抱き締める。

「全くバカげた話だ。貴女は既にこんなにも可愛らしい」

顔をあげる少女涼しい顔の少年

不思議解体完了。繰り返しますが、私は嘘が嫌いですので」


第11回萌理賞

http://q.hatena.ne.jp/1179911611
トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070725