だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-29肉派とは国

い能力部3

| い能力部3 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - い能力部3 - だって、思いついたから


手塚充は、学年はおれの一つ下で、わさわさした栗毛と、大きな目を持っていて、なにやら上級生女子から人気があるという話を、一つ上の学年のおれの耳にまで届かせるような、それなりに美少年、というと気持ちが悪いが、まあなかなか顔がよろしい奴で、この秋に異能力部に入った新入部員である。これで、「(暖かい所から寒い所に行っても)メガネが曇らない」能力者である部長・笹木、「(部屋で失くした)テレビのリモコンを見つける」能力者のおれに続き、「今日の晩御飯がわかる」能力者が部に加わったわけだ。笹木はこれを「大いなる飛躍」と評したが、言った本人すら本当にそう思っているか疑わしい。


「わかりましたよ! 先輩の今日の晩御飯は、『かぼちゃの煮物と天ぷら』です! おいしそうですよ、これは!」

10分くらい前から目を瞑り、あぐらをかいて、両手の人差し指を、頭に当て、うんうん唸っていた充が、突然顔を上げると、嬉しそうに声を出した。

「天ぷら好きですか! 先輩!」

「うん、まあ、好きだな」

充は、親指を立てて、ぐっと俺の目の前に突き出すと、

「良かったですね!」

と大きな声で言った。

おれは「うん」と言って、手元の少年ジャンプに目線を戻した。今週もハンター×ハンターはなかった。

「やっぱり、ポーズが重要なんですね。この昔の偉いお坊さんが瞑想するときに使ってたポーズ。100%で二品まで予知できます。先輩方の指導のおかげですね。」

一休さんが、晩御飯の予知ができた話は聞いた事がない。おれは「うんうん」と相槌をうちながら、ジャンプのページをめくった。


ガラガラと部室の戸が開いて、疲れた顔の笹木が入ってきた。生徒会長と異能力部部長を兼任する労苦は、何事にも全力を尽くすタイプの笹木にとっては、なかなかしんどいものがあるようだ。その笹木に、充が子犬のように駆け寄っていく。「二品までわかるようになったんです!」と弾んだ声で報告しながら、自然に笹木の手荷物を受け取り、席に座った笹木の肩を揉んだりしている。この犬め、と心の中で少々罵倒しつつ、こいつは大人しい顔して、きっと女姉妹で育った為に女性に対して屈託がない、おれたちとは別次元の存在なんだと分析した。

「では、いきます」

いつのまにか充は、一休さんのとんち考案中ポーズに入っている。それをキラキラした期待の眼差しで見つめる笹木。まあ部活動としてはとても自然な情景なのだろうけど、なにか間違っている。


「……出ました」

静かに充が目を開けた。

「部長の晩御飯は、『赤飯と鯛』です!」

途端に、笹木のメガネが真っ白に曇った。

何だか奇妙な間があいて、おれが何か喋ろうとする前に、笹木は立ち上がり、

「忘れてた。ごめん、じゃあ、あの晩御飯の用意しなくっちゃ。た、鯛とか釣らないといけないから、帰るね」

とまくし立てるように、でもぎこちなく言って鞄を持って部室を出て行った。それでも部室を出る前に、おれたちに「部室の施錠よろしくね」とだけ念を押して。

何となく気まずく落ち着かない空気になった二人の部室で、おれは何も考えないようにしようと集中していたが、充が笹木を見送った後に、ぽつりと言った言葉で我に返った。

「先輩、あんなにはしゃいじゃって……。赤飯好きなんですねえ」

そして、おれは本当にそうかもしれないなと少しだけ気が楽になった。


後日、笹木の姉がその日結婚相手を連れてくる予定であり、笹木は本当に鯛を釣って変えるように親から言われていたのだと知って、おれは胸をなでおろしたのだけど、学校帰りに鯛を釣る女子高生と、女子高生に鯛を釣らせる家族の事を考えて、手が胸の途中でひっかかった。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080829

2008-08-25鼻がつまる、喉が痛い、そんなときは殺人事件

オルテガ少年

| オルテガ少年 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - オルテガ少年 - だって、思いついたから


ドラゴンクエストのキャラクターのスピンオフ作品がいくつかあるわけですが*1、ドラクエⅢの勇者の父親であるオルテガの少年時代とかゲームにならねえかなと思いました。もろに影響を受けているドラクエサイト(軽い気持ちで萌え萌え言うよ)を軽く検索してみましたが、若い頃のオルテガはあれど、少年時代についてはなかったので、思いついただけ羅列します。

  • 概要
    • アリアハンを舞台に、オルテガ少年が大暴れ。
    • 恋をしたり、冒険したり、王子様の恋の悩みを聞いたり、盗賊団を壊滅させたり、邪神を復活させたり、精霊ルビスにしかられたり……。
  • オルテガの周りのキャラクター
    • (将来の勇者の母の)少女と酒場の娘ルイーダ
      • きっとオルテガを結んだ三角関係とかになるんだろう。
      • きっと少女の方は、アリアハンの道具屋とか宿屋とかのある程度金持ちの娘という設定だったり、教会で育てられてる設定だったり、アリアハンに引っ越してきた謎の少女とかだったりするんだろう。
      • ルイーダは、ぼんやりと「ルイーダの酒場」の構想を考え出したりするんだろう。
      • ドラクエ5で言うフローラとビアンカ、もしくはデボラみたいな感じなんだろう。
    • アリアハン王子(ドラクエⅢの時代の王様)
      • ドラクエⅢの時、王様のグラフィックはお爺さんなので、オルテガが子供時代においても既に大人なんだろうけど、王様が皆お爺さんなので、必然的に30,40,50の王子が出来上がり、自分の中途半端さに腐ってる設定とかどうだろう。
      • なんやかんやでオルテガに頭が上がらないとかだと、ドラクエⅢをやるときにオルテガを語る王様の表情を想像できるかも。
    • 盗賊見習いカンダタ、バコタ、
      • きっと、伝説の盗賊とかの手下で、シャンクスとバギーみたいな感じなんだぜ。
    • ポカパマズさん
      • ポカパマズは、オルテガがムオルの村を訪れたときの偽名だけども、これをオルテガが少年時代に会った謎の人の名前からとったという説。
        • 丁度、ポカパマズとオルテガの関係が、オルテガとポポタの関係に対応するわけですね。わかります。
      • ジョジョ第四部の東方仗助の憧れの人のような謎だらけの人物で、何らかの手段で、過去に戻ったオルテガ説も出るけど真実は誰にもわからない。
    • 他の人たち
      • オルテガの父、ナジミの塔の老人、まほうの玉の老人……老人ばっかりか。
  • アリアハンという舞台
    • 閉鎖された島国という環境、最初の島で、ルイーダの店やら実家やらで、度々帰ったりすることからゲームをやった人にも思い入れがある、という好条件。
      • もっと掘り下げてみれば、一つの物語の舞台として面白そう。
      • アランドラやったときに、場所・人を限定することで、変化を意識できるのは楽しいと思った(でもアランドラは最後までやったけど人の関係がおぼえれんかった)
      • 不思議のダンジョン系のゲームにしやすい感じ。ゲームが進む中で、町の様子が変わっていったり。
    • 島国ということで、他国から隔絶されているけれども、それゆえに微妙に意識されてる。という事で、旅行者とか密偵とかがたくさん入り込んでいるという、イベントや人が集まるご都合設定。
  • オルテガ少年
    • 僕は一人でゾーマ近くまで行ったオルテガがスゴイ人だと思うので、キングヒドラにやられてしまうとか、マスクにパンツスタイルというのはあまり納得がいかないのだけど、恐るべし潜在能力を持ちながらも、少年時代の悪行(精霊ルビスにおしっこひっかける等)のせいで、呪いのようなハンデを背負わされたとかだったら納得いくかもしれない。
    • まあでも、普通に仲間と協力して、いざないの洞窟を抜けるとか、トム・ソーヤとかスタンド・バイ・ミーみたいなのでもいいな。

うーん。書き出してみたが、いまいち、か。オルテガ少年という舞台は魅力的な気がするのだが。

*1:トルネコとか少年ヤンガスの「不思議のダンジョン」とか「ドラクエモンスターズ」とか

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080825

2008-08-23雲の/ジュウザが/バイトで/遅刻

虚構再帰

| 虚構再帰 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 虚構再帰 - だって、思いついたから


「今から記述するのは僕自身の本当の話であって、つまりオチもなく(いつもあってないようなものだが)、盛り上がりも無く(いつもあってないようなものだが)、美しく心に残る文章でもない(いつもない)。さらに、別に何か事件や変わった出来事を書くわけでもなく、思いつくままに自己紹介やら日常やら思い出のような事を好きに書く程度のものだ。だがこれは現実の話であるからして、どこかの誰かに関係しているかもしれないし、確率的にはどこかの誰かに起こり得る話であるとも言える。少なくともそういうどこかの誰かに対しては意味のない文章ではないかもしれない。でも意味などというのは、書き手である僕か、自分の行為に意味づけを行ないたい読み手か、存在と意味を同一に考える人ぐらいにしか必要がないのではないだろうかとも思うので、やっぱりどうでもいい文章だろう。ブログ的にとても正しいと僕は信じている。


さて、前置きが長くなってしまった。まず自己紹介をしよう。僕の名前はさ「ザンクロス一郎という。芸名とかじゃない本名だ。サザンクロスなんて、不思議な苗字だけど、遠い昔は武士だったらしいから、個人的には納得している。だってメラかっこいいじゃん? ユリアーッ! なんつってね。この苗字、何でも古くは源義経に従った武士の一人で「はない。すまない。いい加減な事を書いている。僕はサザンクロスなんて苗字じゃないし、別に実際に脳内に複数の人格を持っているわけでもないし、そう振舞っているわけでもないし、そのような虚構人格をインターネット上に構築しているわけでもない。恥をしのんで正直に言うけれど、僕には虚構癖がある。それは現実にある疾患というよりも、ログというお手軽なツールにより、退屈な現実の補完もしくは代替として虚構を物語る楽しみを覚えてしまったというだけの病というよりも時代の影響を受けた一般的な日本人の一特徴に過ぎない「けれど、自分の作った虚構の中に没入するだけの妄想力を有している隠れ社会不適合者の一人であり、現代の生き残る為の条件が曖昧になった豊かな社会の亡霊とも言える。この間も虚構として構築した探偵に事件を依頼し、その上で自らが探偵として振る舞った上、妄想上の事件捜査をしたことがある「わけがない。何を書いているんだ僕は「卓球で一番になりたいのオレは「この間、軽い気持ちで僕は嘘吐きなんだよ、と彼女に言うと、真面目に泣かれた。その彼女は嘘吐きに対するトラウマがあるらしく、その僕の軽い一言で、これまで僕と彼女の間にあったものが反転するような衝撃をうけたらしい「あわてふためいて、僕は優しく、ごめんウソだよと優しく頭を撫でてやり、そのまま頭を抱き寄せて鎖骨の辺りに当ててやり、抵抗する様子なく泣いている彼女を確認して、遠い目をしていたりするのだった「。必死になって自分は悪意のある嘘は吐かないのだと弁明するも、じゃあどういう嘘を吐くのかというと思い出せない。嘘吐きというのは息を吐くように嘘を吐くのだから、思い出せないのかもしれない。「でも僕がどこかで聞いたところによると嘘吐きには2種類いるらしい。


ところで僕は京都に住んでいる。「京都というと寺、観光地、舞妓さんというイメージがあるかもしれないが、事実そうである。寺密度が全国的に抜きん出て高く、さらに成長し続けている。家、家、寺、家、家、寺、寺のリズムである。その中で近年持ち上がってきたのが騒音問題である。昼夜問わず、多種多様な経の声が、京の町に流れ続け、生きた人間ですら成仏するのではないかと言われ続けている。「だから、そろそろ成仏してもいいのじゃないかなと思ったりしている。嘘を吐いているのか、嘘に憑かれているのか。人を苦しめる嘘吐きは「死んだ方がいい。「でもまあ、実際、嘘は吐いていくだろう。ただし、もう「意味のある嘘はつかない」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080823

2008-08-01人のオナニーを笑うな

ナップサックの作り方

| ナップサックの作り方 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - ナップサックの作り方 - だって、思いついたから


アクセス数なんて気にしないよ風を精神的に装っても、はてなカウンターを設置して毎日ログを確認している僕ですが、このブログに”ナップサックの作り方”で検索してこられる方がいます。当ブログではナップサックの作り方を紹介していたりはしなくて、検索先は、「ナップサックに憎しみをつめて」という一文がひっかかっているだけです。検索した人をさぞがっかりさせているだろうという事は、僕にとって本当にどうでもいいのですけれど、インターネット人口にナップサックの作り方の需要が少数でも確かにあり、ブログ市場においてそれ程重要視されていないが為にこんな所まで来る人がいる、ということが考えられます。もしも、「ナップサックの作り方」を本当に紹介していたなら、つまり、その『「ナップサックの作り方」を知りたいクラスタ』に媚びを売っておけば、当ブログに対して好感情を持ってくれて、その人たちがごっそり読者になってくれることになるのではないかと考えまして、ナップサックの作り方について紹介したいと思います。前置き長いな!


続きを読む

つまんねつまんね2009/05/09 08:45マジ、ムカつくblogだな。

意外に意外に2010/03/17 20:09楽しく読めました。

sasuke8sasuke82010/03/26 23:28ありがとうございます。

迷子迷子2010/03/29 18:57ナップサック作りたくて迷い込んだけど面白かったです。

sasuke8sasuke82010/03/31 22:24ありがとうございます。
ナップサック需要につけこんだ若気の至りでした。すみません。

自由研究まだな人自由研究まだな人2011/08/26 22:57自由研究の資料集めで迷い込んだけど面白くて、良い息抜きになりました。
ありがとうございました。

sasuke8sasuke82011/09/05 21:18ありがとうございます。
もう夏休み終わっちゃいましたが、よいナップはできたでしょうか…。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080801