だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-05-15都市伝説

人ん家の冷蔵庫を勝手に開けて中身を淡々と記録するマン

| 人ん家の冷蔵庫を勝手に開けて中身を淡々と記録するマン - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 人ん家の冷蔵庫を勝手に開けて中身を淡々と記録するマン - だって、思いついたから

ある日曜日の朝のことだ。

僕が平成仮面ライダーを見てからTVPS2を繋いでゲームを始めたときにドアが開く音がした。僕はそれに直ぐに気付いたが、ゲームに夢中だった為に反応が遅れた。僕が、僕のいるワンルームから玄関まで伸びた細長い廊下を確認しようと振り向いたときにはもう遅かった。僕の顎は、(おそらく)ドアを開いて入ってきた男の革靴のつま先によって跳ね上げられて、僕は即座に意識を失う。意識を失う刹那、急速に薄れゆく意識の中、男のつま先の向こうに、肌色と縮れ毛の黒がコラボした生足が見えた気がするが、思い出したくない。

意識を取り戻した僕は、直ぐに警察に連絡した。連絡してから、部屋は荒らされた様子もなく、財布も通帳も机の上に放り出されたままだったのに気付いて、警察にお騒がせ野郎と思われたらどうしようと焦ったが、警察はすんなりと信じてくれた。やはり顎の傷が効いたのだと思う。顎を蹴り飛ばしてくれた男に少しだけ感謝した。


あれから数年が経った。しかし、男の行方も目的も、まだわからないままだ。


http://d.hatena.ne.jp/wonder88/00010101

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20090515