だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-12-04朝パンは、パンです

第九回文学フリマにぶん投げる

| 第九回文学フリマにぶん投げる - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第九回文学フリマにぶん投げる - だって、思いついたから


前にも書いてましたが、今週12月6日蒲田で行われる第九回文フリマhttp://bunfree.net/#l11)において、サークルBWN(http://bwn.g.hatena.ne.jp/)の折り本ブースに、文投げ部の折り本を置いてもらえることになりました。、


f:id:nitino:20091118230556j:image:w200

このBWNの折り本企画8Pについては、ここ(http://bwn.g.hatena.ne.jp/keyword/8P)が詳しいので、そっちを見てください。

連続して文章を読み続けるのがつらい人は、そこにある告知マンガをみたら大体わかります。

要するに、8P折り本メーカーhttp://8p.dip.jp/、BWN所属のid:masapguinさん作成)を使うと簡単に8Pの折り本ができるので、10円で売ったり、折り本交換でもいいな! やろうやろう!という企画です。BWNの前とその前の企画Tamorization(http://bwn.g.hatena.ne.jp/keyword/Tamorization)とQuickResponse(http://bwn.g.hatena.ne.jp/keyword/QuickResponse)に参加していたよしみで、今回ものっからせてもらいました。


今回、文投げ部から、朝飯パン太郎(id:sasuke8)と、ナカノ実験室(id:yarukimedesu)が参加します。id:yarukimedesuの告知は彼が勝手にやるとして、僕は次の折り本を出します。

一つ目は、「ミスパンティラヴァーズに捧げる5つのバラード」として、このブログに書きためた4つの掌編に加筆修正したものと、それら一連の短編を締めくくる5つ目のバラード書き下ろしで出します。ババン! あとおまけで、Twitterとかブログ上で書いてた数行の物語をまとめて8Pとして出します。

(一)とか(二)とかなってるのは、長かったので分冊しちゃったやつです。8Pじゃなくなってますけど、しょうがないじゃない!あと#3 デスパンツは加筆が、元の本文より多くなってます(元が数行しかなかったので否応なく)。

あと五部作となってますが、別に続き物ではないので、それぞれ独立した掌編として買っても問題ないです。ただ#5は、最後という事で、他の話について触れたか触れてないか、やっぱり触られてる! どうしよう程度のもんなので、一つでも気に入ったのを買ってってください。BWNの人は、残った折本は帰りに燃やすとか言ってるので助けると思ってお願いします。1コインで救える本もある。


折り本は一冊10円もしくは折り本による交換で手に入ります。リーズナヴルですね。分冊なってるやつもそれぞれ10円です。まあ、全部買うと90円というわけで、何とも中途半端な額になってしまいますが、あと10円払うと、サインがついてきます。まあ10円払わなくても、頼めばもらえるかもしれません。ただしサインペンは持参です。

PDFというかテキストでも公開しちゃうと自分で折り本が作れちゃうわけですが、文学フリマに足を運んだことで、サイン本とか手に入るわけです。プライスレスでしょ? 当日、朝飯パン太郎は会場に居ませんが、BWNブースの誰かがサインしてくれると思います。もしもBWNの人に「は?」と冷たく返されたら、「だってsasuke8というIDの人がブログに書いてたんです」と落ち着いて説明してください。すると「そんな人が何人かくるんですけどね……そんなIDの人、いないんですよ」と言われて、今度はあなたが「は?」


最後に、ちょっとだけ真面目に説明しますと、8Pは、Power(権力)、Poison(毒)、Prison(牢獄)、Product(生産物)、Paris(華の都)、Parsley(嫌い)、Papa(とは呼ばせない)、Panty(パンティ)という8つのPを表しているそうです。僕が何も考えずにパンツ五部作を折り本にしたのではなく、この企画に沿ったものを出そうとしたのがうかがえますね。さらに、8はかつて古代日本に存在した八つ首の蛇神への信仰にちなんでいます。上に挙げた8つの要素を、蛇神のそれぞれの首が司っているといわれていて、この信仰のあった国は、あの邪馬台国に滅ぼされたと文献にあります。その村では、自らの願いを紙に書き、蛇に食べさせた上で、その蛇を入り口しかない洞窟に放した後、再び洞窟に入り蛇を捕まえて、その捕まえた蛇の腹から取り出した願いを自分で叶えるという祭りがありました。この願い事交換という風習は、どこか折り本の交換と似ていますね。

蛇の司るものの中に、フランスパリと思われる地名が現れている事から、邪馬台国パリにあったという説もあるそうですが、僕自身は、蛇神に未来を視る力があったと思っています。虚構を通して、超時空的に事実を知る力です。まさに予言ですね。そして、蛇神殺しをした邪馬台国卑弥呼がそこで預言者としての力を増大させ邪馬台国をさらに強大な国としたという方が自然に思えます。

というように僕の脳内の辻褄合わせはこの程度で満足してしまうので、僕が今回書いた「パンティラヴァーズに捧げるバラード」も、そういう次元の読物であると理解していただき、楽しんでもらえればいいなと思っております。

BWNメンバー含め、お客さんになってくれる方々、どうぞよろしくお願いします。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20091204