だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-08七夕に願うのだった

「探偵百傑」「探偵"裏"百傑」の展望

| 「探偵百傑」「探偵"裏"百傑」の展望 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 「探偵百傑」「探偵"裏"百傑」の展望 - だって、思いついたから


前置きとして、パブーと縦書き文庫の感想続報と宣伝。

朝飯抜太郎さんの公開中の本 | パブー

Free Dynamic DNS(DDNS) by POP3,IMAP4,FTP,HTTP-BASIC for Home Server, VPS | MyDNS.JP


縦書き文庫は、そのまま縦書きの魅力がある。何度も読み返した自作でも縦書きにすると、何だか自分の子供が慣れない服を着て発表会に出ているような、面映い気持ちになる。

他に縦書きサービスを知らなかったのだけど、一つ知ると文学フリマの8P折本メーカーの完成度はかなり良いものだったなと思う。多分作成者のid:masapguinさんの胸中には色々あるのだろうけど、いずれ、Web上でのプレビュー機能とか付いて、誰かの作った折本を探してダウンロードできるようなサービスになったら……とか考えると胸がおどる。


パブーは、本を(公開しながら)作るというサービスなんだなあと、いまさらのように認識した。本の新着だけでなく、ページの新着があるのは、現在進行形で作られている本を公開するのが前提にあるのだな多分。掌編一つで本にしてたけど、徐々に公開して、短編集とかにするのがいいのかもしれんと思った。長いのはどうせ書いてないし。前半は公開して、後半部分に値段付けるとか。

ブログ上とはまた違った味わいがあるなというのと、過去の資産を再利用できるのが嬉しくて、もうしばらく続けられそう。まだ全然読まれてる感じがないので、もっと関わってみようと思う。


そこで、本題の、探偵百傑の話。

今のところ、参加してもらったのを合わせると総勢30人程になっている。この内、作者の了承を得られたもので、著作権等がややこしくないものについて、パブーで本にしたらどうだろうと思った。それで出来たら文学フリマでも売る。文学フリマで本にするにはページがかさみすぎると思っていたけど、電子書籍ならタダだものな。でも本にできないものは「探偵"裏"百傑」として、これまで通りWeb上でのみ管理。最終的に200人探偵が集まるわけだけど、どうだろう。僕はワクワクしてきたよ。

もしプロジェクトが動けば便利そうな、複数人で本を編集できる機能(http://p.booklog.jp/book/385/page/3625)の進捗が現在20%……。

さてそれまでに探偵100人集められるか。



「探偵を100人。一年で揃えて頂きたい。推理できようができまいが構わない。実績から犯罪歴まで一切問わない。ただし、頭はおかしければおかしい程、望ましい。以上」


トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20100708