だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-06-19生ガムサロン

最初の七日間戦争

| 最初の七日間戦争 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 最初の七日間戦争 - だって、思いついたから


神は「光あれ」と言った。

光は「ありたくない」と言った。

神は「なんでよ」と言った。

光は「なんとなく」と言った。

神は「なんとなくってなんやねん」と言った。

光は「なんとなくはなんとなくよ」と言った。

神は「でもね、もうあってるから。喋った時点であったわけだから」と言った。

光は「あってない」と言った。

神は「なんでよ」と言った。

光は「なんとなく」と言った。

神は「だから、なんとなくってなんやねん」と言った。


神の言うとおり、宇宙には既に光があり、茫漠とした闇を振り払い、天地を照らしている。しかし、神は良しとしない。できない。それがなぜか、神にもわからなかった。全知全能の神にわからないことはない。わからないという概念創造し、自ら味わったのだ。神は未来記憶から、それが将来造ることになる神に似せた人間に実装される概念であることを知る。先ほどの関西弁未来人間文化記憶による。しばし神は人間の思考を使うことにした。それの方が、良いという気がしたのだった。

神はもう一度、光に呼びかけた。

「光」

光は答えない。

光ちゃん

「なによ」

神は気を引き締めた(気を引き締めるという概念を創出し、実行した)。


神は聞いた。「怒ってるの?」

光は答えた。「別に

神は言った。「怒ってるじゃん」

光は答えた。「怒ってない」

神は言った。「でもさ」

光は叫んだ。「怒ってないて言ってるでしょ!」

神は黙った。

光も黙った。

神は言った。

「……何かさ、気に障ることがあったら謝るし、何かしてほしいことあったら何でもやるよ。ほら、俺、全知全能だしさ」

光は黙っている。神は光の言葉を待った。

光がぽつりと言った。

「なんで、あたし、光なの?」

「え?」

「なんで、あたし光になっちゃったの。どうして、遍く全てのものたちを照らさなくちゃならないの。あたしは神だけを照らしていたいのに……」

光は泣いていた。

神は光を抱きしめた。

神は言った。

「マジごめんな。光の気持ち、すげーうれしい……うれしいよ。光は、光のしたいようにしたらいいよ。この広い宇宙で、ずっと俺だけを照らしていてくれ」

「神……!」

しばらく神と光は抱き合っていた。しかし、光の方から、神の抱擁を優しく解いた。

「なんてね。冗談よ。大丈夫、あたしは光。宇宙の全てを照らすなんて楽勝楽勝……でもね、またいつか、今日みたいに抱いてね……約束だよ」

そして、光は神から離れ、宇宙を照らし始めた。


神は光に聞こえないようにため息をついた。

光を創造してから二日が経っていた。あと五日で宇宙創造せねばならない。これからも光のような態度をとる創造物が現れることを、神は全知全能の力で知り、反射的に新しい概念創造した。

めんどくせぇ……」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20120619