だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-29あまりに月が綺麗だったから

淫税

| 淫税 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 淫税 - だって、思いついたから


自慰による精子もしくは膣分泌液の放出量に応じて、「オカズ」となった人間および創作物の作者に対して支払われるロイヤリティーのこと。支払うのは世界127ヶ国が加盟する人口抑制のための国際組織BFP。


淫税の概念自体は、昔からあったが、その実現性の困難さから実施までには至らなかった。しかし、ナノマシンによる生体モニタリングが一般化し、人類生命活動および思考がリアルタイムで記録できるようになったことで可能になった。


淫税の計算技術もっと最初実用化したのは、インド高校生で、それは趣味で作った携帯デバイスアプリだった。以後、BFPが対象を生体モニタリングを行う全人類に広げた公式アプリを開発し、淫税の制度を整えた。

淫税収入を得るには、BFPに淫税の対象(自分自身あるいは創作物)を登録する。登録の際は審査が行われるが、既に登録されているものでないこと、著作権等が確認できれば、費用はそんなにかからない(10万円程度)。これはバスタブいっぱい程度で回収できる。


年一回、淫税が計算され、登録者に支払われる。ランキングは公表され、発表は世界中で放送される。数年前までは、淫税計算の元になった液体と同量のミルク(あるいはローション)を登録者の頭上からぶっかけるという趣向であったが年々量が増えて、会場の確保が難しくなり、また苦情が相次いだため、現在CGのみで行っている。


ちなみに日本アニメ漫画の総淫税収入額は世界トップ。また、支払い額もトップ5に入り、国内における自給自足を行える数少ない国の一つである

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20130329