だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-28ライフステージはもうゼロよ

女の子が生まれたら④

| 女の子が生まれたら④ - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 女の子が生まれたら④ - だって、思いついたから


娘はそう悪くない顔立ちなのに、泣くとかなりの不細工になって、それが可愛いやら面白いやらで、俺は娘が泣くたびにニコニコしてしまうけどその度に妻に怒られて反省する。でもニコニコは止められない。笑みはこぼれるもので、アクシデントなのだ。そんなこんなの間に娘はすくすくと成長して泣くこと自体少なくなって、俺は何だか寂しいようなほっとしたような気持ちを抱いたのも束の間、その娘が就職して3年目にいきなり結婚前提お付き合い彼氏を連れてきたので新展開に俺は飛び上がる。ゆ、ゆるさ~ん……なのか?俺よ!

二人を前に内心わーという感じに舞い上がってる俺に比べて、隣の妻はいつも通り落ち着いていて、これは前もって知っていたに違いないとか思うと、何だか俺だけ仲間外れみたいで寂しい感じとか、言えよ~お前ら~みたいな面白い感じがこみ上げてくるのを何とか押し殺して父親らしい父親を演じようと俺は頑張る。なのに「娘のどこが気にいったんだい」という軽いジャブに対して彼氏は真面目な顔をして「美帆さんの顔です」とか何だかわからないのを返してくる。早速のラリー失敗に、俺は崩れかけるが「こういう正直なところが好きなの」と娘は何だか嬉しそう。娘ののろけに唐突な嫉妬心を煽られながら、それは今置いといて、そうなの?それは彼の美徳でいいの?ビジュアル目的に結婚する事は問題じゃないの?と俺は混乱するけれど、そういや俺も妻の顔が好きで付き合ったんだったと思い出す。じゃあ、いいかと納得しかけるが、いやいやでも他にも笑いのセンスとか俺以外の人への優しさとか諸々に惹かれたんだから顔だけじゃないと盛り返す反対勢。

隣の妻をうかがうが、彼女は肯定も否定もない「あなたが決めなさい」という顔で前を向いていて、俺一人で考えるしかないけれど、やっぱり俺にはわからない。ゆ、ゆるさ~ん……なのか? 俺よ!

結局、わからないまま会談は終わり、その次の会談で、俺は結婚を許す。流されたわけでもないし、彼氏のことはわからないままだれど、これは元々許すとか許さないとかの問題じゃなくて、俺に求められていたのは俺はお前達を応援するぜという意思表示であって、それなら俺の意思は娘が生まれてからずっと決まっていたのだった。


それから7年が経っても二人は仲良くやっている。正雄君(娘の旦那)は娘を大事にしてくれて、それはたまに夫婦揃って帰ってくる娘の表情からうかがえる。だから、俺はほんの少し心配になって娘に聞いてみる。

「お前、正雄君の前で泣いたことある?」

「あるよ。けんかしたときとか普通に。当たり前じゃん」

「そうか」

それは、正雄君が本当に娘の顔目当てで結婚したとしても、その後でその他諸々の娘の良いところを好きになったのかもしれないし、元々そういう諸々も含めて娘を好きだったのかもしれない。それとも正雄君はあの不細工な娘の泣き顔ですら好きになったのかもしれないし、不細工な顔が好きなのかもしれない。そして、それはどれであっても娘にとって幸せなことなのだ。

俺は何だか恥ずかしくなって笑う。

娘も笑って言う。

「お父さん、その顔、結構不細工だよね」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20121228

2007-07-17肉よさらば

千話一夜物語

| 千話一夜物語 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 千話一夜物語 - だって、思いついたから


千夜一夜物語ベースに、暴虐な王様に嫁いだ娘が王様に一晩中話を聞かせるスタイル物語を書いていく一周年記念のボツ企画。一晩中更新が続くので、blogを書く人と読む人の一体感がすごい感じに*1。でも実現性が著しく低く、百話一夜に妥協したとしても、無理と判断した。


娘が全話語り終わった後、王様が娘を殺そうとするのだけど、娘は突然笑い出して「儀式は終了した」とか言うと、王様が苦しみだす。実は娘は千話(百話)を語るという呪術儀式を行なっていて、エントリ縦読みすると王様呪詛言葉になっているという所まで考えてたけど、できんかったなあ。誰か参加してくれる人いたら反応ください。一夜で100とか1000個以上のエントリが上がっているのだろうけど、自分がその中に居るとしたら、それは素敵なグレートスピリッツ

*1:今から思えば2chにはそんな場所があるのかもな

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070717

2007-03-14そんな未来は無い

女の子が生まれたら③

| 女の子が生まれたら③ - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 女の子が生まれたら③ - だって、思いついたから

娘と一緒にメガネを買いに行こう。

多分、娘はコンタクトが良いとか言い出すだろうが、それだけは俺は譲らない。珍しく頑固な俺に最初は機嫌を損ねていた娘も、オシャレなメガネ屋につくとぱっと顔を輝かせる。白で統一された店内に並ぶメガネは、それだけでインテリアのように美しく、しかも店員さんが皆、娘のタイプメガネ男子メガネ女子ばかりだったおかげで、ミーハーな娘はそれだけで満足したようだ。俺を差し置いて、メガネに突撃する娘を見て、俺はやれやれと思いながらも、そうその顔が見たかった、と満足するのだ。


案の定、俺が推薦するメガネは、一目見て却下されてしまう。それでもなお食い下がる俺が差し出すメガネに一つだけ、娘が試着してくれたのがあって、それは(これは親バカだけど)娘の可愛さを100倍にして、でもそれが拡散しないようシックなフレームがきゅっと抑えたような、感動もののメガネだった。それを見れただけで俺はここに来て良かったと思い、娘も新しい自分を気に入ったようだったのだが、娘は困った顔をしてしばらく思案した後に「自分で選んだのにする」と言って、メガネを返してきた。そうだな、それがいいなと娘に教えられたような気がして妙に納得した俺は、それから自分の新しいメガネを見る事にした。それでも、どうしても目線は娘を追ってしまうのだが、最初はしゃいでいるだけだった娘が今や真剣にメガネを吟味しているのに気付いて、俺は何故だか胸がいっぱいになり、話しかけてくれる店員さんに、満足に答えられずに、目をごしごしとこすり続ける。


結局娘が買ったのは、赤いセルフレームの、可愛いがオーソドックスメガネで、でも俺は「いいんじゃないか」としか言わなかった。娘が自分で選んだメガネなのだ。さっきの涙がぶりかえしそうになり、慌てて空を見る。いつの間にか、涙もろくなってしまった。

帰り道、娘はまだメガネをかけなかった。


夕食の後、食卓に残り、洗い物をする妻に今日メガネ屋での出来事を話していると、娘が二階から降りてきて、無言で冷蔵庫をガサガサして、パックの牛乳を取り出すと、そのまま一気にあおる。

「こら、行儀が悪い」と娘を注意した妻が娘の顔の変化に気付き、表情を和らげる。「あら」

にこにこと楽しげな妻を見て、俺は、どうだ俺たちの娘は、と何だか無駄に誇らしげな気持ちになる。

娘は、照れくさそうに「何よ」と言うと、さっさと階段を上がっていってしまったが、今日は寝るまでずっとメガネを付けてるだろう娘を思うと、俺の顔はますますにやけてくる。

「あなた、その顔」

と妻は笑いながら注意するのだけど、しょうがない。

だって俺、こんなに幸せなんだもの。


という夢、もしくは病気

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070314

2007-02-2856億7千万年後に現れる弥勒よ、今ユンボルを救え!

少年ミロク

| 少年ミロク - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 少年ミロク - だって、思いついたから


重機人間ユンボル、終わるらしいですね」

「らしいね……。冷静じゃないか、君。君はそんな涼しげな顔をして、何も感じないのかい? 仏ゾーンが大好きだったってのは嘘かい? それとも何が起ころうと笑って許せる悟りを開いたってのかい? ゆるゆるで行こうって、そう思ってるのかい?」

「……か」

「え?」

「大丈夫なもんか! でもしょうがないじゃないか! でも、しょうがないじゃないか!」

「……君、泣いてるのかい?」

「泣いてなんかないさ。真顔でキーボードに向かってる。だって、泣いたって、泣いたって、ユンボルは帰ってこないんだ! 千手パンチのように! プリンセス・ハオのように!」

「君……」

「チクショウ……単行本派は死に際にも立ち会えない」




「しょうがないよ。だって、僕らはジャンプを買ってないから……! アンケートを出してないから……!」

「そんなの! 殺した犯人に『お前のせいで、あいつは死んだんだ』って言われてるようなもんじゃないか。僕は、そんなのに、はいそうですか、って納得できるわけない!」

「わかるけど、僕達にはどうしようもないんだよ。それが現実なんだ」

「なんだよ……、夢を与えるはずの少年誌が、現実って何だよ……」

夢を与えるには現実的にならなきゃ無理だってことだろ」



「例え、今辛くても、その痛みは忘れ去られてしまう。自然治癒力だよ。それに終わりは次の始まりだ」

「そうだけど、それでいいのかな」

「僕らはもう大人だから」




月刊少年ジャンプ休刊するらしいじゃないか」

「うん……らしいね」

「『全作品を終了させる予定』ってどういうことだろ」

「うーん」

「今ある全作品が、とりあえず最終回を迎えるって事?」

「さあね、移籍とかもあるんじゃない。新連載とかもあるし」

「そうか、もうギャグマンガ日和は見れないのか……」




「今度、新しいマンガ雑誌が出来るらしいよ!」

「え! ほんとに!」

「本当さ! 聞いて驚くなよ。武井先生なんか三本一気に連載開始さ。シャーマンキングの続きに、仏ゾーンユンボルも第一話から新しく描かれるみたいだ。あとはね、『アストラルエンジン』、『謎の村雨くん』、『Ultra Red』、『武士沢レシーブ』、『OVER TIME』、『ドラゴンクエストモンスターズ+』、『一番湯のカナタ』、『MISTERジパング』、『聖結晶アルバトロス』、『道士郎でござる!』、『EVIL HEART』、後はね、後はね……」

「ちょ、ちょっと待った。なんか挙げられた名前だけで凄く多いし、しかも皆系統的に似たところがあるっていうか、君は全部好きかもしれないけど、なんていうかバランスが」

バランスなんて、どうでもいいのさ! 君ももっと願うんだよ。その少年誌は、全てのマンガを救ってくれる。願えば願うだけ、僕らのマンガは復活する!」

「願う? 救う? ……全然わからない。その雑誌って、どこの出版社が出すの? いつ出るの?」

出版社はわからない。でも名前は、そうだな、『少年ミロク』。今から56億7千万年後に創刊され、全てのマンガを救う未来雑誌だ!」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070228

2007-02-08現代学園柳生

はてなが静止する日

| はてなが静止する日 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - はてなが静止する日 - だって、思いついたから

「バシュタールの惨劇」(別名はてなメンテナンスの日)

はてなの公式記録では、はてなの設備メンテナンスに伴い、はてなサービスの全停止を断行した。後に「バシュタール現象」と命名された副作用により、世界中はてなダイアリー及びグループ日記更新ストップした。

これにより全はてな人口の3分の2がインターネットを持て余した。


はてなの裏側で、謎の首領ビックnandを有するFB部と人力検索機構のエージェント達(萌理、萌やし、燃やし)との激しい戦いが続けられていた。しかし戦いはここにいたり、再び「バシュタールの惨劇」を起こそうとする「はてな静止作戦*1」の発動により、新たな局面を迎える。


前々から言われてたような気がするのですが、ファック十傑集対萌理九大天王との全面戦争はまだなのでしょうか。


一人ほくそえむ軍師sirouto2。この闘いの勝敗になど興味はない。戦いの余波を受け、萌理学園のパーツが揃っていく様を愛おしく眺め、軍師は高らかに笑った。全ては偉大なる萌え理論のままに。

配役、逆になった。

*1:他の人が更新する暇がないくらい面白いエントリをたくさん書く。(健全だ)

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20070208