だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-09-21下卑た怪漢

『キャベツ畑』や『コウノトリ』を信じている可愛い女の子に

| 『キャベツ畑』や『コウノトリ』を信じている可愛い女の子に - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 『キャベツ畑』や『コウノトリ』を信じている可愛い女の子に - だって、思いついたから


結婚するまでは一緒に住まないという取り決めを忠実に守り、彼女の荷物が新居に届いた次の日に結婚式をして、そのあと2次会で日付が変わるまで飲んで、その日の早朝に居酒屋から空港直行して飛行機海外へ飛んだ。南の島の強烈な日差しと海の風で時差ボケを吹き飛ばし、着いたその日から海で遊びまくり疲れ果ててホテルに帰ると夕食もそこそこに風呂に入って今二人でベッドの上。今から初夜、慌しかったけど僕は元気です!

僕の妻となったベリーキュートスイートハニー(19歳)は、大きなダブルベッドで一通りはしゃいだあと、少し疲れて、今は僕(26歳)のとなりで寝転んでいる。小さな体を包むキャミソールオーバーパンツ彼女によく似合っていて、それから伸びる白い手足はお風呂上りで少し上気していて、抱きしめるのさえためらう程美しい光景で、僕は微笑ましく幸せな気持ちに包まれている。

よし。

僕は決意と共に、ベッドから降り、冷蔵庫のところまで歩く。冷蔵庫から水のペットボトルを取り出して、少しだけ飲んだ。そのままソファに放っていたバッグをつかみ、ペットボトルと一緒にベッドのサイドボードに置いて、またベッドに上がった。

彼女の視線に笑みを返し、僕はおもむろに彼女に言った。

子供がどうやってできるか知ってる?」

彼女は何か楽しい遊びかしらと、というように微笑み、

コウノトリが運んでくるの」

と言った。

改めて、彼女の目にジョークの類の光がないのを確認すると、僕は計画していた通り、バッグから実家にあった中学校の保健体育の教科書を取り出した。




僕と彼女生命の神秘を、中学保健体育の教科書で学び終えたとき、時計の針は午後11時40分を指していた。彼女は午前0時まで起きていたことがないので、僕は少しだけ焦る。

「さて、もう一度聞くよ。子供はどうやってできるの?」

うつ伏せに寝転んで、枕に顔を埋めていた彼女は、がばと顔を上げて言った。

キャベツ畑で生まれて、コウノトリが運んでくる」

僕は優しく微笑んだ。

「いいかい、もう一度聞くよ」

「ええ~。もう眠いよ~」

彼女は、再び枕に顔を埋めて、足をばたばたとさせた。

僕は溜息がつくほど可愛いそれを、別の意味で溜息をつきながら眺めた。

まったく、義務教育は何をしていたんだろう。彼女卒業させてしまった学校を僕は憎む。


僕がしばし作戦を考えていると、いつの間にか起き上がっていた彼女の手が僕の頭をなでた。

「イッ君は、赤ちゃんが欲しいんだね……大丈夫だよ。朝起きたら、赤ちゃんできてるよ。ハネムーンベイビーって言うんだよ」

シーちゃん、今夜受精したとしても着床するのは九日後で、出産は十月十日後だよ、とは言えず僕は彼女を見つめた。優しい子なのだ。

僕はこのとき、彼女を押し倒してしまえばよかったのだろう。四の五の言わずに六なり九なりやってしまえば良かったのだろう。

でも、僕にもプライドがあった。それに、彼女に正しい知識を与えるのが、家庭教師として彼女と知り合った僕の役目のような気がしていた。

僕は最後の手段をとるために、テレビのリモコンを手にとった。有料放送がなければ、DVDがバックに入っている。

シーちゃん。あのね」

そのとき、部屋の電灯が消えた。

きゃっ、と小さな悲鳴をあげたのは僕で、目が慣れてくると、彼女は同じ体勢のまま平然としていた。

停電かな」

醜態を取り繕うように発言をするが、彼女はそれに答えず窓の方をじっと見ている。

よくみると、カーテンから光がもれているようだ。窓全体が発光しているようにも見える。


パンパカパーン! パパパ、パンパカパーン

とつぜん冗談のようなラッパの音が響いた。

カーテンが独りでにさっとひかれ、まぶしい光が室内に飛び込んできた。

窓の外に、何か銀色のぬらぬらしたものが見えたかと思うと、窓を付き破って、その銀色が侵入してきた。

銀色の風船がまどからはみ出ているような状況、やがて、その風船の中央部分が溶けるようにして、ぽっかりと穴が開いた。その穴から、銀色全身タイツを着た青年が現れた。

コウノトリさん!」

彼女が嬉しそうに叫んだ。

タイツ青年はにこやかに手を振る。

「久しぶりだね。シノブちゃん。君の弟のとき以来かな」

コウノトリさんは、銀色スーツに身を固めている以外は、どこまでもさわやかな青年で、その物腰は、優良営業マンのそれである。

「君が、シノブちゃんを射止めたラッキーな男だな」

と僕を指差して、幸せにしてやってくれよ、と白い歯を見せて笑った。

呆然とする僕の手を彼女が握り、

「ほら、コウノトリさんきたよ!」

と言って、笑った。


タイツ青年が、傍らに持っていたキャベツの葉をおもむろに一枚一枚むき出して、中から泣き声と共に赤ん坊が現れたときに、糸がほどけていくようにして、僕の理性は消えていった。

「ここ、こ、これは……」

何故か全身が震えだした僕の手を、彼女が握り、いつもの微笑を浮かべながら彼女が口を開いた。

「イッ君。セックスなんて不確実で、非効率な生殖方法は、今や時代遅れでしかないんだよ。地球環境にとって増えすぎた人類が、地球生命としての要請を受けて緩やかに滅んでいくことを受け入れるというなら、セックスによる生殖を続ける事に意義はあるのかもしれないけれど、そうではないでしょう? 人類人類だけが幸福に生きることを目標に掲げてしまって、それを今更取り下げる事はできない。永続的に人類が生き残る為には、自然生殖ナンセンスなの。生殖は、リソースと要求を把握して、そこから設計して実装するプロジェクトと捉えるべきよ。

人類は、本能の上に文化というレイヤーを被せて制御するようになった。それによって人類知的レベルは著しく向上したけれど、誤算もあったの。上層から下層に対して影響を及ぼしてしまう、というね。例えば、食事やセックスは娯楽として消費されるようになり、本来の機能が抑制されてしまった。ジャンク・フードだけを食べる人々が増え、避妊技術が求められたかと思えば、不妊人類を蝕む。

上層をトリガーとする変化という点では、人類という種が知的活動により進化してきたことを考えると当たり前なのだけど、さらに上に行くためには、文化本能は切り離して考える必要があるの。例えば、生きるための栄養は、点滴や錠剤の方が効率的。つまり、生きるための食事と、娯楽としての食事を切り分ける。セックスも同様に、生殖と娯楽を分ける必要があるの。まあ、現在地球人類の科学倫理レベルですぐに受け入れられるとは思わないわ。あなたが驚き戸惑うのも恥ずかしいことではないってこと。新しい物を受け入れていくことを恐れずに、少しずつ進化していけばいいと、わたしたちは考えてる。そして、あなたに正しい認識進化を与えるのが、きっとわたしの役目なのね。

 今、わたし達の最高の愛を受け取るように、最高の知性と技術によって、わたしたちの可愛い赤ちゃんデザインされ、この世に生まれ出でたのよ。さあ、抱いてあげて」

彼女は一息でそこまで言うと、コウノトリの方を向いた。コウノトリが僕を見て、満足気な笑みを見せた。


突如、大音量で、オーケストラによる「ハッピーバースデー」が部屋に流れる。

僕はいつのまにか、ぼろぼろと涙を流している。

彼女がうんうんとうなずきながら、僕を抱えるようにして、ベッドから降ろし、僕らの赤ちゃんを抱くコウノトリの前にまで導く。

僕は、コウノトリから、赤ちゃんを受け取った。

赤ちゃんは、薄緑の柔らかな布にくるまれていて(布はよく見たらキャベツだった)、もう落ち着いたのか、キャベツの葉をしゃぶっている。赤ちゃんの顔は、彼女の目と僕の鼻と彼女の口と彼女の輪郭で構成され、僕の髪がのっかっている。

僕の理性はほぼ崩壊していたが、現実を受け入れる為に新しい論理が構築された。

僕が元気で、可愛い妻がいて、可愛い二人の赤ん坊がいる。それ以上の何かが必要だろうか。いや、ない。僕は、全てを受け入れる。全てを。

「何だかわからないけど、わかったよ。この子が僕たちの赤ん坊なん……」

「……チェンジ

「え?」

コウノトリさん、ちょっとこの鼻のラインおかしくない? 目もさ、もっとこう、ぱっちりしてる方がいいんだけど」

コウノトリは明らかに困り顔で、いや要求どおりのつもりなんだけど、とぶつぶつ答えるが、彼女がきっぱりと言った。

「あたしは、こんなの、要求してない」

あれー……おっかしいなー……そんなはずないんだけどなー、とコウノトリは手許の書類を何度かめくったりしていたが、最後に上目遣いで言った。

チェンジ、します?」

チェンジで」

了解しました、と少し面倒くさそうにコウノトリは僕から赤ん坊を取り上げると、再びキャベツの葉でくるんで、銀色の風船の中にほうりこんだ。

「では、また……えーと、来週くらいになりますけど」

「それでいい」

失礼しまーす、と軽い挨拶と共にコウノトリ銀色の中に消えた。銀色の風船が、するすると縮んで窓から消え、光も消える。それと同時に、部屋の明かりがつき、窓とカーテンがひとりでに閉まった。

彼女はあくび混じりに「おやすみ」と言ってベッドに入ってしまい、直ぐに寝息が聞こえてきた。

僕は呆然と立ち尽くしたあと、ひとりシャワーを浴びた。

シャワールームからでて、全てが夢ではと思って、カーテンをめくってみたが、窓ガラスにはぽっかりと穴が開いていた。

僕は、整理できない喪失感を抱いたまま、のろのろとベッドに上がり、彼女と反対側に丸くなって、眠った。





幽☆遊☆白書 (17) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書 (17) (ジャンプ・コミックス)

通りすがり通りすがり2010/09/23 23:42あなたならきっと阿刀田高の短編の続きを書いてくれる

sasuke8sasuke82010/09/24 08:04寡聞にして、阿刀田高を知りませんでした。また読んでみます。
読んでいただき、ありがとうございます。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20100921

2009-08-24人の話はちゃんと聞こう

老雄大いに語る

| 老雄大いに語る - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 老雄大いに語る - だって、思いついたから

私の目の前の椅子には還暦を間近に迎えた夫婦がそろって座っている。

夫の方は年は58歳だが、白くなった髪の毛と顔のしわが余計に年を感じさせる。くたびれたベージュのスーツにノーネクタイで、顔を下方45度の角度でうつむいたまま座っている。その右隣に座り、同じようにしわだらけだが、真っ白に塗りたくった顔と、耳やら首やら腕やらにじゃらじゃらとぶらさげた貴金属で、けばけばしい生命力を誇示しているのが妻だ。夫が患者、妻が付き添い、そして私が精神科医で、これから彼らの話を聞くところだ。

私は、職業柄身につけた害意なき微笑みを浮かべて聞く。

「で、どうなされましたか?」

「お「うちの主人なんですけれども、最近少し疲れているようで、食事も全然食べないし、顔色も悪くて、あまり眠れてないようなんです。本人は大丈夫だというんですけれども、私は心配で心配で、何度も病院に行くように勧めたんですけども……」

夫が何か口を開きかけたのを制して、妻がまくし立てた。要約すると、患者は最近少し疲れているようで食欲がなく、顔色も悪くて、不眠の気がある。最初の一行で済むところを10倍以上喋らなければ気が済まない性質のおばさんのようだ。

わたしはうすく笑顔をたたえたままうなずき、次の質問をする。

「何か、原因として思い当たることはありますか?」

「う「思い当たることですか……ええ、あります。ほら、うちの主人は若いころから仕事仕事で、休みの日に家族もほっぽって仕事に行くような仕事人間だったんですよ。それが1年前だったか、急に所属部署が変わっちゃって……これまでずっと製品開発してたのが営業になってしまったの。それでも、主人がんばったんですよ。でもねえ、結果が伴わない努力って辛いもんでしょ。成績もあがらず、息子くらいの上司に叱られて……」

私は、夫の方に向き直り、気の毒そうな顔を作る。

「なるほど……それは辛かったでしょう」

「ち「そりゃあ、昔は辛かったですし、寂しかったですよ。恨み言もたくさんあります。でもうちの主人は真面目なところがありまして、酒もタバコも博打もやらないし、家にいるときは大人しくて、子供にも優しい人でした。家庭も省みずに会社に尽くす、何て人と結婚してしまったんだろうと嘆いた日もありましたが、今は会社に尽くすことで、私たち家族が豊かに暮らせるように尽くしてくれていたんだなあと思えるようになったんです。そう思うと今の境遇が哀れに思えてしまって」

そう言って、妻は目に手をあてて涙をぬぐう振りをした後、満足げに微笑んだ。

私は笑顔でうなずきながら、そろそろうんざりしてきていた。ずっと俯きっぱなしの夫はしゃべりかけるときにだけ顔を上げたが、妻の勢いに圧されるようにまた下を向いてしまった。私は、笑いながら頭に軽く手を置いて、困ったのポーズをとってから、再度夫に向かって喋りかける。

「何か、喋りたいことあるんじゃないですか?」

「ま「いいえ、もう他には何も……あ、でも、もしかし「奥さん」

私は妻の目を見て、微笑みと声の調子を変えず、しかし声に力を込めて言った。

「私は、旦那さんに、聞いているんです」

妻が少し憤然とした様子で黙り、

「主人はしょうもないことしか言えませんよ」

とぼそりと呟いた。まるで、負け惜しみのようだ。

私は聞こえなかった振りをして無視する。まだ断定はできないが、私の経験上、この妻に原因があるのは確かだ。

私は患者に向き直る。

「さあ、ご主人。お話を聞かせてください」

夫が顔をあげた。そして少しだけ隣の妻を見る。妻はへそを曲げて、あらぬ方向を見つめたままだ。

夫が私を見る。その目に、私は少しだけ喜びのようなものを感じた。

そして夫が口を開いた。

「おしっこジュワー! うんこモリモリ! ちんこビンビン! まん「よくわかりました。それでは奥さん、話の続きを」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20090824

2009-04-14リハビリーバブルや!

N君の憂鬱

| N君の憂鬱 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - N君の憂鬱 - だって、思いついたから


N君は思い悩んでいた。ただしN君は、自分が何について悩んでいるのかわかっていなかった。そのよくわからないN君の悩みは、N君の中に漠然とした不安を生み、所在不明な焦燥感を植え付けた。それは日々大きくなっていくが、N君はどうすることも出来ずに、ただ悩んでいるのだった。

N君と去年の春に結婚したMさんは、N君を心配した。

仕事がうまくいってないの?」

「いや、順調だよ。新しいプロジェクトを任せられることになった。やりがいもある」

お金のこと?」

「今の会社給料もいいし、独身時代の貯金もあるから心配してない」

「私の両親のこと?」

「君の両親とは結婚前はいろいろあったけど、もうわだかまりもないし、ぶつかったおかげでいろいろわかった。君のご両親はとてもよい人達だよ」

「……子供のこと?」

そう言って、Mさんは自分お腹をなでた。Mさんは妊娠10ヶ月。予定日はもうすぐだった。

N君はMさんの目を見て、嘘偽りなき気持ちで答えた。

「それは違う。僕達の子供が生まれることは、僕の喜びであり、僕の幸せなんだよ」


しかしN君の悩みは晴れない。N君の周囲の人間はN君を思いやり励ました。

N君の祖父Aはまだ存命で、祖母のBと共にN君達の家に遊びにきては、少ない年金から美味しい食材子供服などを買ってくれる。N君とMさんを引き合わせた二人のの共通の友人Cさんとその夫D氏は、二人を招いてホームパーティを開いた。そこで、N君は友人Eくん、Fくん、Gさんらと楽しい時間を過ごした。N君の上司であるいつも寡黙なH部長は、珍しくN君を飲みに誘い、酔いつぶれながら、N君を頼りにしていることを明かした。Mさんの姉で、ガンジスの呼び声を聞いたと言って仕事を辞めインド旅行中のIさんから数年ぶりに手紙が届いた。N君が初恋の相手である双子の姪のJちゃんとKちゃんが恋の相談をしにやってきて、N君とMさんは大いに二人を焚きつけた。N君の古くからの友人のLは外国から珍しいお菓子をたくさんくれた。繁華街でN君は占い師Oに占ってもらったところ、N君の運勢は三国志で言うところの赤壁の戦いだという。N君の行きつけの喫茶店のマスターP氏は、N君とMさんに新作コーヒーをふるまい小粋なジョークで和ませてくれた。N君の弟のQ君は珍しく、N君の大好きな歌手Rのライブチケットをただでくれた。N君の街を騒がした変態魔術師Sが、Mさんの活躍により逮捕され、Mさんは元彼Tの仇をやっと討つことができた。歌手Uと俳優Vがスピード離婚した。N君が通勤途中にふとしたことで出会い仲良くなった老夫婦WさんとXさんの家に招かれ、行方不明の息子の話を聞いたところで、近所の公園に住むようになり顔見知りになったホームレスのY氏を思いだし、引き合わせてみればやっぱり本人で、涙の対面となった。

全てはうまく進んでいた。そして、Mさんが出産の為に入院していた病院から連絡があり、N君は仕事を途中で切り上げて、病院に向かった。Mさんは既に分娩室に入っていた。かかりつけの産婦人科医Z氏は、持病を持つMさんの出産には危険が伴うとN君に告げた。N君はそれを事前に聞いて覚悟していたので、静かにうなずいた。

N君にとってそれは長い夜だった。

しかし、夜明け頃、分娩室の外で、ただひたすら祈っていたN君の耳に、赤ん坊の鳴き声が届く。N君の体の奥底からこみ上げる喜びとともに、唐突にN君の悩みが言語化した。


アルファベットが足りない」


分娩室で、生まれたて赤ん坊を抱いたとき、N君の心は決まった。N君がMさんを見やると、Mさんは憔悴しながらも決意をたたえた目でN君を見ていた。夫婦の間に無言の意思確認が行われる。この子の為にできること。足りなければ、減らせばいい。

産婦人科医Z氏は、泣いて喜ぶ夫婦の姿に目を細めながら、本能で異様な雰囲気を感じ取って、知らず一歩後ずさった。早ければ早い方がいい。Z氏を見る二人の目がそう言っているように見えた。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20090414

2008-08-23雲の/ジュウザが/バイトで/遅刻

虚構再帰

| 虚構再帰 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 虚構再帰 - だって、思いついたから


「今から記述するのは僕自身の本当の話であって、つまりオチもなく(いつもあってないようなものだが)、盛り上がりも無く(いつもあってないようなものだが)、美しく心に残る文章でもない(いつもない)。さらに、別に何か事件や変わった出来事を書くわけでもなく、思いつくままに自己紹介やら日常やら思い出のような事を好きに書く程度のものだ。だがこれは現実の話であるからして、どこかの誰かに関係しているかもしれないし、確率的にはどこかの誰かに起こり得る話であるとも言える。少なくともそういうどこかの誰かに対しては意味のない文章ではないかもしれない。でも意味などというのは、書き手である僕か、自分の行為に意味づけを行ないたい読み手か、存在意味を同一に考える人ぐらいにしか必要がないのではないだろうかとも思うので、やっぱりどうでもいい文章だろう。ブログ的にとても正しいと僕は信じている。


さて、前置きが長くなってしまった。まず自己紹介をしよう。僕の名前はさ「ザンクロス一郎という。芸名とかじゃない本名だ。サザンクロスなんて、不思議苗字だけど、遠い昔は武士だったらしいから、個人的には納得している。だってメラかっこいいじゃん? ユリアーッ! なんつってね。この苗字、何でも古くは源義経に従った武士の一人で「はない。すまない。いい加減な事を書いている。僕はサザンクロスなんて苗字じゃないし、別に実際に脳内に複数の人格を持っているわけでもないし、そう振舞っているわけでもないし、そのような虚構人格インターネット上に構築しているわけでもない。恥をしのんで正直に言うけれど、僕には虚構癖がある。それは現実にある疾患というよりも、ログというお手軽なツールにより、退屈な現実の補完もしくは代替として虚構を物語楽しみを覚えてしまったというだけの病というよりも時代の影響を受けた一般的な日本人の一特徴に過ぎない「けれど、自分の作った虚構の中に没入するだけの妄想力を有している隠れ社会不適合者の一人であり、現代の生き残る為の条件が曖昧になった豊かな社会の亡霊とも言える。この間も虚構として構築した探偵に事件を依頼し、その上で自らが探偵として振る舞った上、妄想上の事件捜査をしたことがある「わけがない。何を書いているんだ僕は「卓球で一番になりたいのオレは「この間、軽い気持ちで僕は嘘吐きなんだよ、と彼女に言うと、真面目に泣かれた。その彼女は嘘吐きに対するトラウマがあるらしく、その僕の軽い一言で、これまで僕と彼女の間にあったものが反転するような衝撃をうけたらしい「あわてふためいて、僕は優しく、ごめんウソだよと優しく頭を撫でてやり、そのまま頭を抱き寄せて鎖骨の辺りに当ててやり、抵抗する様子なく泣いている彼女を確認して、遠い目をしていたりするのだった「。必死になって自分は悪意のある嘘は吐かないのだと弁明するも、じゃあどういう嘘を吐くのかというと思い出せない。嘘吐きというのは息を吐くように嘘を吐くのだから、思い出せないのかもしれない。「でも僕がどこかで聞いたところによると嘘吐きには2種類いるらしい。


ところで僕は京都に住んでいる。「京都というと寺、観光地舞妓さんというイメージがあるかもしれないが、事実そうである。寺密度が全国的に抜きん出て高く、さらに成長し続けている。家、家、寺、家、家、寺、寺のリズムである。その中で近年持ち上がってきたのが騒音問題である。昼夜問わず、多種多様な経の声が、京の町に流れ続け、生きた人間ですら成仏するのではないかと言われ続けている。「だから、そろそろ成仏してもいいのじゃないかなと思ったりしている。嘘を吐いているのか、嘘に憑かれているのか。人を苦しめる嘘吐きは「死んだ方がいい。「でもまあ、実際、嘘は吐いていくだろう。ただし、もう「意味のある嘘はつかない」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080823

2008-07-09泣くよ? うぐいす、泣くよ? 平安京も泣くよ!?

それはあるとき突然に

| それはあるとき突然に - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - それはあるとき突然に - だって、思いついたから


「あ、今」

「何?」

最近俺、誰かから見られてる気がするんだよな」

「え、まじで」

「うん。部屋に一人でいるときもさ、ドアも窓もカーテン閉めてるのに誰かから見られてる気がする」

「盗撮? 誰がお前を盗撮して得するんだ」

「わからない。ただそういう気がするんだ。なんていうか、盗撮とかそういうのじゃなくて、もっと俺たちの世界の外側から」

「おいおい、話が怪しくなってきたぞ」

最近、神の存在を感じるようになってきたんだ」

「お前……」

「ほんとなんだって。こないだそういうのがわかる霊能者の人に聞いたんだけど……」

「あー、そういうのは俺いいや」

「ちょっと、話し聞けよ。大事なことなんだって」

「そーいうスピリチュアルなのは俺信じないの」

「違うって、本当の事なんだって」

「ここにあるものだけが本当だよ。日本の外側にもいろんな国があるんだろ。行った事無いけど。そんでいろんな国が地球にあるけど、その外側には宇宙が広がってるんだろ。行った事無いけど」

「そうじゃないんだよ。俺たちの生活はここにあるけど、多分外側にも俺たちを見ている世界があって、もしかしたら俺達はそいつらに創られてるのかもしれない。きっと、そいつらが見る事をやめたら、俺たちの存在は一瞬で消えてなくなって……。それはいつかわからないけど、いつか、きっと」

そのとき、二人の頭上から多数の歯車をのぞかせた大きな仏像のようなロボットが降りてくる。そして、言い争う二人がそれを見上げ声をあげかけたところで、もう書くことも無いので、唐突にこのテキストは終了することにする。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080709