だって、思いついたから このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-09-09月巴やす

短編

| 短編 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 短編 - だって、思いついたから

「短編」は、1000字以内の創作小説を毎月募集し、読者投票により優秀作品を選出するサイトです。

http://tanpen.jp/

ここ3か月くらい投稿していて、今回めでたく優勝作品に選んでもらえたりして、とても気持ちが良いので、「短編」の良かったところを書いておく。


感想がもらえる。


短編サイトでは、毎月募集された小説を、読者からの投票数で優勝作品を決める形式となっている。投票は一人三票まで入れられる予選と、予選上位三作品に対して1票入れる決勝に分かれている。

投票は感想とセットになっていて、投票数は、そんなに多いわけではないけれど(作品数×0.6くらい?)、常連の人が多いので、一言以上の感想を書いてくれる。これが嬉しかった。

一応、一位を決めるという形式になっているので、読み込んでくれるというか、たぶん普段なら読まないだろうの文章も、良い所悪い所を探してくれるというか。

ただ投票してもらえないと感想ももらえないので、もっと人が増えてほしい。


1000字という縛り

これは良いと思った。

Web小説は無料で読めるところと、良くも悪くも先が読めない感じが、楽しいと思っている。でも面白いかどうかの保証がないのが辛いところである。

だからWeb小説を読んでもらうには、作者のブランド力が高いか、短くまとめるか、ちょっと読んだだけで面白そうと思わせなくてはならない。そのために1000字で物語をまとめたり、大きな物語(イメージ)を感じさせるような断片を書いたりするのは意味があると思った。


昔書いたやつでもよい。

このサイトの存在はもっと前から知っていて面白そうだと思ってたのだけど、なかなかそれ用のを書けなかったり、忘れたりしていたのが、最近思い出して、規約を見ると一度どこかに発表してても良いらしい。

昔の奴を直して投稿するなら楽だなと思って投稿してみた。ある程度書いたものがあるなら、これは敷居が低くて良い。

1000字以内に削っていく作業も割と楽しくて良い。変な文章を直したり、必要と思っていた文章を思い切って削ったり。何か良くなったような気がしてくる。


まとめ


あんまりまとまらなかったけど、楽しかったんよ。投票結果を毎日確認したり。

あと、僕の書くものは傾向的に、思いつきを披露するためだけの感じが強くて、大きな物語を喚起させたり、微細な感情表現やら人間の本質を描くみたいな小説っぽい部分が弱いなあと改めて思った。自分にそういうのが書ける気もしないけど。今後は、多分ここには書かないような話を書くこともあるかもしれない。


参加した月の結果まとめ

http://tanpen.jp/117/

http://tanpen.jp/118/

http://tanpen.jp/119/


第120期(9/12から)も参加してるので、興味ある人は見てみてください。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20120909

2012-04-10毒除肝臓分

桃太郎印の好色一代超人

| 桃太郎印の好色一代超人 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 桃太郎印の好色一代超人 - だって、思いついたから


昨日ブックマークした創作エントリ


桃太郎印の好色一代超人 - 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部

目の前に黒い楕円が現れたと思ったら、そこから、何か青いのが転がり落ちてきた。そうすると、黒い楕円…中空に開いた穴…の中から、小学生くらいの子どもの声がして、青いのは、「はよせな」と、つぶやきながら、穴に飛び込むと、穴は再び塞がった。

http://throw.g.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20120409/1333963515

に対する作者による作品解説

昨日書いた下ネタ小説に、部長が、はてブしてくれた。

id:sasuke8 創作, 歯車的, わるいゆめ 素晴らしい。悪用の1パターン。F先生は絶対描かない。 2012/04/09

はてなブックマーク - 桃太郎印の好色一代超人 - 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部

http://b.hatena.ne.jp/entry/throw.g.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20120409/1333963515

 書いた小説の感想まで、書いた本人の責任のはんちゅうだと思うし、本意が伝わってないなら、筆者の実力の問題のような気がする。書いた本人の意見が述べられるのが、Web2.0に至るまでもなく、最近の傾向らしい。

 なので、その小説をどのように着想して、どのように発展させ、書いたかを考えてみたい。

(中略)

http://throw.g.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20120410/1334005409

が面白かったので、感想を書いてみようと思う。

僕は感想文や考察が苦手なので、はてなブックマークのコメントでも、「すばらしい」とか「おもしろー」とか小学生でも書かないようなものしか書けないけれど、思いついたので書く。書いても良いのだ。




まず、キビ団子により主人公が肉奴隷を量産していく部分はとても好きで楽しめた。このあたりの印象でブックマークのコメントを書いたと思う。多分、主人公が自信を説明する客観性を保ちつつ冷静に狂っていく様が好きなんだと思う。文章も余分な肉付きがなくて展開がスピーディで心地よく読める。このくらいのテンションで書きたい。このあたり、本人もあまり考えずに書いたと解説に書いてあったけど、それが良いように作用したように感じる。自分の経験だと、中途半端に推敲すると文章は良くなるけど欲が出てきて余計な文章を挿入してしまうからだ。


この作品のテーマ部分については、最初の読みでは、ちゃんと読み取れてなかった。キビ団子を自分で食べることで、「自分(だけ)の奴隷」となって、世界から独立するわけだな。面白い。確かに悪用ではない。悪用に隠れて、新しい使い方が提示されていたのか。そう考えると構成も良い感じがする。

最初の読みでは、その結論部分が突然出てきた感じがして、テーマを語る文章が物語の主人公の意思を離れて、作者の主張のように読み取れてしまった。あくまで個人的な好みだけど、そのあたりを少し残念に感じたのだった。「未知の感染症」のくだりで、やっと物語に帰ってきた感じがしたな。草食系男子や女子力やスィーツ(笑)らが見えない何かに躍らせる象徴というのはわかるけれど、それらをカスと断ずるところに言い過ぎを感じてしまったのもあるかな。そのあとの文章にあるように、人間は真の自由意思を持ちえない(のか?)ので、操られているという面では皆カスだからだ。むしろ、そういう制限下にある中で現れる人間の形こそが本来の人間であり面白いもののような気がする…とかは話がそれすぎたな。


個人的な趣味だけど、キビ団子を食べてからの主人公の心の変化過程や、超人化した主人公のこころを書いてくれてたら、わかりやすくて、別の面白さがでてきたように思う。哲学SF的なふくらみ要素が出てきたりしないかな。自分で自分を完全に律するという感覚はどんなんだろう。これまで自分が自分の意思でやっていた選択と全然違う選択をすることになるのだろうし、これまで意味があると思っていた物事の本当の意味を捉えることになるのだろう。それは、ハッピーな世界なのか、どうなのか……。まあ、このままでも短くまとまっていて、全然良い。


あと罪と罰の感覚はよくわかるし面白い。よく考えてみたら、これも人を縛っているものだよな。罰を書かなくても、たぶん頭おかしいとは思われないように思うけれど、これは僕だけかな。罪と罰の感覚は個人差がある。

前に書いた「好きな人と結婚できるオア毎週誰とでも1回セックスできる」という話では、セックスしたいと思うだけでセックスする能力を得た主人公に対して、100%の幸福を与えていけないという感覚が働いて、セックスする度に何らかの対価を払わせるようにしていた。少し形を変えた罪と罰の感覚なのかな。


さて、まとめると、読了感はすごく好きな部類に入る。さらに、こうやって感想を書いてもいろいろ考えたりふくらませられるのはすごく良いものだったような気がしてきた。ブックマークは50くらいいけば良かったのに。


部員間で、最も行われているのは、はてブで「一言コメント」とかで、それは、拡散的には大事だと思うのだけど、感想の交流によって醸成される感性を期待して(同人臭には注意しながら)そういうのを、やってみても良いのじゃないかな、と思った結果が、これ。


少ないメンバーでキャッキャウフフしてたら誰も入ってこれない、みたいな危惧を抱いていたけれど、こういうのやってみるべきだなと思った。楽しければ何でも良いのだ。

2008-06-13

このファックがすごい

| このファックがすごい - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - このファックがすごい - だって、思いついたから


このファックがすごい! - 論理兵站 - ファック文芸部

このファックがすごい! - ファック文芸部


ここを始めたのもファック文芸部が楽しそうだったからです。なら入れよ気持ち悪いな、という言説はごもっともですけど、はじめの一歩の今井が板垣と対戦する前に良い事言ってましたよ。「お前は幕乃内さんの下に付くことを選んだ。俺は闘うことを選んだ」結果はどうあれ……。

元の企画は「最初にこれを読んだらいい」という主旨ですけど、これを機に皆、僕の私の好きなファック文芸を表明したら良い。それでは、適当に5つ。


世界の終わりとファックリタレイチャークラブカップ - ファック文芸部杯 - ファック文芸部杯

第一回ファック文芸部杯より、duke565氏作。この終末感というか雰囲気とかとにかく好きでした。でも既に退会済みとは…! なんてこった。氏はフレイザードみたいな人だったなあとか思うのですなんとなく。


トマト豆知識 - 安寿土牢 - ファック文芸部

野菜でファック。卑猥だ。ファック文芸というのはよくわからないのですが、今のところ、「人が考えつかない事でする(ファック)のが大好き」という印象を持っています。文房具で萌えられる腐女子脳に近いのではないかと思います。objectOさんは萌えの探求実験で失敗して、自分が萌えキャラになってしまう萌えキャラでもあります。


永井豪とDMCという異常な霊圧を持った言霊を処理して現実を捻じ曲げていきます。大満足の一品です。extrameganeさんはいつも忙しい感じがしてて、のんびりと創作できる日はいつくるのかと思ってます。もっと読みたい。


ぐらんぐらんしてくる。この見事に調和したジョジョ引用の美しさはどうだ。llppさんはいつも新しいことしてくるので困る。行事一致もこの人だ。


この疾走感。blogであることを忘れることなかれ。むしろblogであれと思う。さすがだ。


あと他にもいっぱいあるけど、g:neoの人気エントリー眺めるのでも、十分楽しいですね。

あとファックというと大袈裟ですけど、三角定規とか目覚まし時計とかピーマンとかね、ごく日常的なものをファックしてこそ、世界をファックするとかよりもファック文芸部らしいんじゃないかと勝手に思います。まあ、個々人が違うほう向いてるのが良いんでしょうけど、たまには78人に増えたファック文芸部によるファック78手とか見たいところです。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080613

2007-12-16「クリスマスにはまだ早いけど……はい! タケコプター!」

第一回はてなスター萌理賞

| 第一回はてなスター萌理賞 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第一回はてなスター萌理賞 - だって、思いついたから

第一回はてなスター萌理賞

http://d.hatena.ne.jp/sirouto2/20071129/p1

100字で創作の試み。面白いですね。100字ってそんな書けるのかって思うとこら辺が楽しい。書くところ、書かないところ。新しい物語をつくるより、萌部品の使い方になるのかなあ。voncatさんのとかニヤニヤしてしまう。mami-oneさんの妹を思う姉というシチュエーションにさらりとやられてしまった。

書くとき、物語本体がどこにあるかというと、僕の場合は二つあって、脳内と文章上。一つ目は頭に情景があってそれを文章化している場合、二つ目は言葉が先にあって物語が生まれたり継ぎ接ぎされていくイメージ。今回は前者で、僕の脳内補完が効きすぎてて、結局謎の文章になってしまったのが残念だった。

トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20071216

2007-11-30ファック!ジョニー!ファック!

第二回ファック文芸部杯参加報告

| 第二回ファック文芸部杯参加報告 - だって、思いついたから を含むブックマーク はてなブックマーク - 第二回ファック文芸部杯参加報告 - だって、思いついたから

前回のファック文芸部杯のとき心躍らせて読んでいた自分が、その場所に立っていることが感慨深いです。そして、この参加報告がやりたかった!歓喜! 


ウンコ賞応募作品。ジョジョ第5部のギアッチョパロディ。主人公の名前は儀亜千代としておこう。unkoでなくnukoの可能性もあるという指摘が面白かった。でも多分unkoですよね。日常から入って非日常へというanond対策のつもりだったけど、読み直すと最初から創作っぽい。



パンツ賞応募作品。「げげぶちこ」「ロハスで父が死にました」「心臓が止まったらそこで試合終了だよ」の影響をモロに受けてます。次世代Windowsというか実はハードの話になってますが、キャッチーな感じにしたい下心でWindowsにしました。あと下ネタだなあ。



一応考えて書いた上の二つに比べ創作時間が圧倒的に短いのにブクマ数は多いという複雑な気持ちもありつつ、でもブクマコメントやらトラックバックがとても嬉しかった。何とも言い難い楽しさを、共感できる事が嬉しい。僕が書く理由の一つですね。あとRe:Re:僕の女神にも僕です。返信が嬉しくて書いてしまった。

ちなみに「アギラマ」はFCの女神転生の魔法みたいです。無節操に検索したので、統一感はないですね。



ローカルに転がってた話を出してみた。とにかく当時読んで衝撃を受けた舞城王太郎の真似をしてスピード感のあるのを書きたかったのだろうなと思う。狂気に魔と理が足りない。



「勃起判決」の影響が色濃い話になった。一応、そいつつずらすを目標に、異常と正常が2:8くらいのバランスで、ストーリーは普通に進むが結果的に「これは異常だ」と判定されるようなのが書きたいなと思ってたが、どうだったかな。

僕にとって驚愕のブクマ数だったので丈に合わぬ夢を抱いてしまったけど、みのもんたと高杉晋作による所が大きいなと後で自分をたしなめる。

最初の夫と犯人の会話がこの話の全てだった。後のみのの登場とかも全部、書きながら後から出てきた。というか思いっきりテレビ終了を、これ書くとき検索して知った程度で、みの愛のなさがバレたら終わりだとか思ってた。

 没タイトル案は「実り多き秋、田も黄金色に輝き」で、みのもんたの露出にタモリが穏やかな心を持ちながら怒りにより目覚める的な意味合いをこじつけたつもり。三千世界―がかっこよかったのでそっちに。呪泥怨愚の名前の伏線も一応回収して、奥さんをジュディ・オングにしようかと思ったけど、うまくまとめられなかった。あと、奥さんの最後の台詞から、タモリ=高杉晋作みたいな読み方もできるなとか思ったけど、そっちのが面白いからいいやと思ったり。やったー100user!



三題噺難しいな。とにかくイメージだけ喚起させようとして書いた。けど、こんなんでも考えて書いた。即興で文章を書いていくのが、三題噺の醍醐味であって、その時点で既に負けていたのかもしれない。



SFっぽいのは知識がないので、書いててビクビクしてるのだけど、とにかく最後にしょうもないオチができて安心した。とにかく、トイレに下半身を飲み込まれながら生活する人類が書きたかったのだった。映像化してほしいなあ。