病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/05/15 (木)地球たん、精子されちゃった!

西に向かって射精せよ!

| 23:20 | 西に向かって射精せよ! - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 西に向かって射精せよ! - 病むに病まれてビラの裏 西に向かって射精せよ! - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

 ある時、地球人類の全員が神様の声を聞いた。


 西に向かって射精せよ!


 その言葉は、地球上で使われれている全ての言語で翻訳され、また、それらを統括し、超越したイメージとして伝えられた。これにより、女性と、射精年齢から外れた男性以外の男性全てが、使命を与えられた。


 西に向かって精液を飛ばすのだ。


 神様は、射精人類全員に、何年の何月の何日の何時に射精をするのか事細かに話された。その時刻は、時差が考慮されており、皆、違う時刻を与えられたのだが、つまりは、使命を与えられた射精男性が、全世界で、同時に射精をする事になる。


 八年後、地球に巨大隕石が衝突する。その隕石は死神と呼ばれていた。死神が地球に訪れると…世界が死に覆われると予測されている。

 神様の計画は、こうだ。射精人類が一同に、西に向って射精する事で、その射精力、精液が押し出される力を束ねる事により、地球の公転速度をはやめる。勿論、それは、微々たる力なのだが、そこで起きるズレが、八年後には、大きく広がり、死神を回避する事が出来るのだという。


 …人類は、地球という揺り籠から、まだ逃れる事は出来ない。ノアの箱舟だってない。射精を使って推進するしかないんだ。





 「そんな、近々、訪れるであろうカタストロフに備えて、私は日々のオナニーに余念がない訳ですよ♪」

 ブックオフからの帰り道、大山田増男さんは、そう、爽やかに語った。