病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/03/15 (日)神に近づいた男

人類最高度の孤独

| 13:44 | 人類最高度の孤独 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人類最高度の孤独 - 病むに病まれてビラの裏 人類最高度の孤独 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント


「このミッションに選ばれて、地球代表として…誇りに思っています。」


 嘘だ。


「正直、生まれ育った地球を離れる事は、少し、不安です。」


 嘘だ。本当は、逃げだしたかった、だけだ。


「でも、半年のミッションを終えたら、すぐに戻ってこれますので…え、ええ???恋人ですか???はは、それは、企業秘密という事で。」


 …あいつは、俺の元を去って行った。たかだか、半年。愛の冷める時間じゃあない。そう信じていた。だが、駄目だった。いや、それはキッカケでしかなく、そうなる原因はずっとあったのかも知れないな。もう、忘れよう。肩まである黒髪。ぐりっとして、時々、犬のようになる愛らしい黒い瞳。普段は、クールなのに、笑うと、妙に子どもっぽくて、そんな時だけ、ベタベタしてきて…。指の先、睫毛、瞳、怒った顔、笑顔…。



「もう、宇宙か。」



 宇宙は、静寂の世界だ。計器が出す音と、自分が出す音、クルー同士の話声を除けば、それだけの世界だ。


地球、青いな。」


 眼下に広がる地球。これより、単独ミッションに入る。俺のために、用意された特別室は、窓が大きくとられ、地球がよく見えた。青い。無重力空間では、体が固定できないため、ミッションのために、床、壁、天井から伸びたベルトで、体を固定する。さあ、準備は整った。


「準備完了。俺のキッカケでミッション、スタートだな。」


 本当は、あいつの事を想おうと思っていた。だが、地球を目の前にして、気持ちが変わった。よし、地球、だ。慎重にジッパーを外し、適度な刺激を加えつつ、勃起をさせる。ある程度硬くなったら、陰茎を握る。そして、地球の事を、ただただ、想い、考えながら、ピストン運動を開始する。これが難しい。体は、固定されているけど、ピストン運動の軸を、体の重心をぶち抜くようにしなければ、たちまち、体がぶれ、ベルトでグルグル巻きになってしまう。少しだけ、前屈みの姿勢をとる事になる。俺は、今、地球を愛している。地球上のすべての女、男が、俺の恋人だ。はぁはぁ。あいつも、あいつの親も、あいつの姉も、すべて、すべてが…う、うああ…。



地球よッ!!!孕めッ!!!」



 窓を真っ白に染め、ミッションが終了した。無重力空間での射精が成功し、宇宙時代を前にして、宇宙でのマスタベーション問題が、一つ解決に近づいた。みんなが思っている以上に、宇宙飛行士は、孤独なんだ。気になるのは、射精の瞬間に国際宇宙ステーションの高度が、0.0000003m上昇したという事だ。何かの間違いだと思うが、俺の射精が、ステーションを持ち上げたと思うと、ふふ、なんだか誇らしい。


 関連

 射精アルピニスト野口出寿夫インタビュー