病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/03/24 (火)さあ、想い人の名を唱えよ。体は正直だな。

現代3G訳

| 23:53 | 現代3G訳 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 現代3G訳 - 病むに病まれてビラの裏 現代3G訳 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

-想い人を失った青年は、想い人を絵に描き写した。

-その青年は、四百四十四夜、想い人の名を呼び続けた。



「よっす。」

「いたい。」

「何それ?何読んでるの?」

「これ?レポートで使おうと思ってる民話。」

「ふーん。どんなの?」

「まあ、ざっくりと言えば、恋人の事を思って、

 青年が、毎日、その、オナニーをする話。」

「何それ?変態の話?」

「いや、まあ、その恋人ってのは、絵なんだけど…」

「はぁ?オカズなん?」

「いや、まあ、オカズというか、恋人の絵を描いたんだよ。」

「はあ、何だ、つまりは、漫画派って訳か。」

「いや、まあ、写真派に近いのじゃないの?」

「あー、まあ、そうか。しかし、絵でマスって、よっぽど

 その恋人の事が好きだったんだな。」

「444夜続けたんだって。」

「え、土日も?」

「勿論、しかも、毎晩4回ずつ。」

「何それ、獣じゃん。」

「まあ、ねえ。」

「え?それ、何か4に意味あんの?」

「うーん、分からないけど、ほら、東西南北とかも4だし。」

「しかし、ナニだねえ。すごいね精力。ほとんど修行じゃん。」

「食べ物も豊かじゃなかっただろうしね。何を食べてたんだろね。」

「だいたい、どれくらい昔の話?」

「えーと、1万2千年前だって。」

「なんだ嘘か。」

「ちょ、違う違う。今でも伝わる民話で、岐阜県には、

 神になった青年をまつる神社だってあるんだから。」

「青年、神になったの!?」

「そう。444夜目に、天界にのぼったんだって。」

「はぁ?何?なんだ?てことは、毎晩、さくらたんさくらたん、

 うう、びゅぐう、はぁはぁ、さくらたんさくらたん、うう、

 びゅぐう、はぁはぁ、さくらたんさくらたん、うう、びゅぐう、

 はぁはぁ、さくらたんさくらたん、ううう、びゅぐう、っての

 を繰り返して神になれた訳だ。」

「ここ図書室…」

「んで、なんて神様なの?」

「えーとね、御名神様、だって。」

「オナってのは、オナニーのオナか?」

「んー…いや、オナニー外来語、じゃないかなぁ。」

「で、これ、レポートにするの?」

「うん。」

「あー…まあ、頑張れよ。」


-その青年は、四神の力を得、転生を果たした。

-その青年は、飛騨の山中に消え、その後、青年を見た者はいない。


 関連

 歴史学レポートG

 オナニーの神の作り方

 母からの手紙