病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/12/11 (金)はてなにやみいちにinせよ。広がれ。世界に広がれ。

第28回やみいち行動『惑星テトリス』@ブンピカに出演します。

| 23:17 | 第28回やみいち行動『惑星テトリス』@ブンピカに出演します。 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第28回やみいち行動『惑星テトリス』@ブンピカに出演します。 - 病むに病まれてビラの裏 第28回やみいち行動『惑星テトリス』@ブンピカに出演します。 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

惑星テトリス

 常に質量の生成と消滅を繰り返す星。

  その謎を解き明かす事は長い間人類の悲願であった。

  テトリスの秘密を解き明かすべく派遣された惑星探査員の目に映る驚愕の真実とは!?

 やみいち行動という団体のお芝居に参加します。

 以下は、日程等の公演情報。

第28回やみいち行動『惑星テトリス

■日時

2009年12月 29日(火) 24:00 ・ 30日(水) 19:00 ・ 31日(木) 23:00

(開場は30分前くらい)

■会場 ブンピカ(京都大学文学部学生控室)

■料金 無料に決まっておろうが!!

■出演

 池田一平 桶雅景 鬼豚馬 桐山泰典 唐仁原俊博(中野劇団) ナカノ実験室(劇団ヤルキメデス) 藤原康弘 その他ゲストあるかなあ…

第28回やみいち行動 惑星テトリス

 以上が公演情報。年末ですが、予定が合えば是非。

 そもそも、やみいち行動って何やねん?という人もいると思うので、以下。

原始、芝居はやみいちであった

 やみいちは芝居のようなものをする。

 やみいちがするものは、全て、即興に基づいている。この点において、一般的な芝居とは少し趣が異なる。

 やみいちは役者のための芝居である。自分の台詞は自分で作る。それがやみいちだ。脚本はない。役柄に関する最低限の約束事があるだけだ。練習において、相手の台詞に返す形で自分の台詞/役柄を作っていく。演出もない。お互いの動き/ネタふり/困惑がそのまま演出となるのだ。

 元来芝居というのはそういうものであったのではないのか。

 今こそ、我々は叫ぶ。

 お前らだんどりつけすぎだぜ。

 約束事をどこまで守るか、は各人の仁義/義侠心に任されている。だからやみいちのメンバーは皆義人だ。

 まるで梁山泊のようだ。

 そんな義人が集まって作り上げたものなのに、何故毎度毎度これほどまでにくだらないのか、とあなたは不思議に思うかもしれない。それには、こう答えよう。

 梁山泊的存在/行動は、所詮、喜劇にしかなり得ないものなのだ、と。

 (オチをさがしている/考えているあなたは既にやみいち的/梁山泊的ではないな。)


(「シェフの友」のビラ裏の桶雅景総帥の文章)

やみいちとは?

 私は、上に引用した文章が大好きです。どんな感じかと言えば、脚本なしに、即興と話し合いで、一本のお芝居を作って行くという感じの団体なのです。稽古は、勿論やってますが、即興は本番にも及ぶので、前回なんかは、大惨事になりましたwww。


 今まで、はてな上で告知をした事はないのですが、京都在住のはてなーの人々、もしくは、年末に京都に来られるはてなーさん達は、是非、京都大学の一角、ブンピカで年末を過ごしてみては???会場で、「文投げ見ました!」とか言って貰えると、嬉しいです私。