病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010/06/19 (土)ツイッターはじめてました。

パチンコの神様

| 02:50 | パチンコの神様 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - パチンコの神様 - 病むに病まれてビラの裏 パチンコの神様 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

パチンコに勝ちたい!パチンコに勝ちたい!パチンコに勝ちたい!…神様!

http://twitter.com/yarukimedesu/status/16537234995

 おーい、お前ー。神様だよー。電子の神様だよー。お前の願いききいれたよー。お前は、今から、パチンコに負けない体になったよー。ただし、勝つまで打ち続けろよー。出玉的にマイナスの時に止めて負けるのはお前の責任だよー。閉店の時間には、注意しろよー。遊パチ、甘デジ、デジ羽、ミドル、マックスとかのスペックは気にしなくてよいよー。釘も気にしなくてよいよー。最後にもう一度、勝つまで打ち続けろよー。



 *  *   *


 …マジか?俺は、自称神様の声を頭の中で聞いた。さっそく、俺は、パチンコ店に行くことにした。財布の中には1000円しかなかった。ダメな社会人だ。試しに、大好きなエヴァを打ってみよう。玉を借りる前に、タバコに火をつける、ジンクスだ。来たよ。一撃だ。確変くるか?残念、来なかった。65%もあるのに。チャンスタイム100回も消化して、1箱。1500玉くらいか?携帯で時間を確認すると、22時45分。うーむ。これは、仮に確変に突入しても、その恩恵はうけれないだろう。レジを済ませ、特殊景品を受け取り、財布の中は4000円増えていた。チャンスタイム中も、玉が増えた感じか、いい台だったんだなぁ。

 次の日、神の声に関して半信半疑のまま、パチンコへ。財布の中には、1万円。社会人としては、間違ってないだろう。会社が終ってからのパチンコは、入店も遅くなるのが、サラリーマンパチンカーの辛い所だ。一度、有給をとって、平日朝からパチンコをやってみたい。今日も大好きなエヴァをやろう。1000円、2000円と台に吸収されていく。この間の1撃は、やはり、偶然だったのだろうか。8千円の後半に入った時、来たよ…5のアスカで大当たり。そこから、二度の2R確変を挟んで、5連チャン。実質3連チャン。チャンスタイム100回を消化して、4500玉くらいかな。時間と、自分のテンションを考えて、レジを済ませ、特殊景品を受け取り、財布の中は4000円増えていた。

 二回連続でパチンコに勝つ事は珍しくない。勝つ時は、勝つものだ。その逆もしかり。神の声なんて、ただの幻聴かもしれない。残念なサービス残業を終え、閉店近いパチンコ屋に行く。神は…いるのかも知れない。大好きなエヴァのプレミアムモデルをやってみた。一撃。怒涛の3連チャン。出玉数から考えると、1500玉くらいか。閉店時間を考慮して、レジを済ませ、特殊景品を受け取り、財布の中は4000円増えていた。

 しかし、だ。プレミアムモデルは、大当たり確率が約100分の1。3連チャンだって、決して珍しくない。3回連続勝てたとしても、全然、珍しい事じゃあない。勝ったと言えば、大好きなエヴァの最後のシ者で15連チャンして、2万2000玉を出した事もある。残念ながら、それは、1円パチンコだったから、1万4千円くらいにならなかったけど…。いつもいつも、良いところで、連チャンが切れたり、また、時間オーバーになったり…休日釘を恐れずに、ほぼ隔週の土曜休みに、朝からパチンコ店に向かった。いや、午前中はダラダラしてしまったから、昼ご飯を食べてから、13時頃にパチンコ店へ。連チャンが切れるのは、確変突入率が低いからだろう。今日ばかりは、大好きなエヴァをあきらめ、よく分からないマックスタイプに挑む。なけなしの3万円。今日こそは、勝つ。そして、神の声の真偽を確かめる。1万、2万、2万9千…なけなしの3万円が、どんどんと吸いこまれていく…。どうして俺は好きでもない戦国武将を観ているのだろうか。神の声なんて、ただの幻聴だったんだ。幻聴だとしたら、それはそれでやばいな。最後の千円だけ残して、台を離れる。明日から給料日まで、お昼はカップラーメンにしよう。弁当屋のスタンプためたかったな。帰ろう。「勝つまで打ち続けろよー。」…頭の中で、声がよぎる。まさか…そんな、目の前には、『CR新世紀エヴァンゲリオン使徒、再び~』。まさか…そんな、そんな事ある訳ない。残った千円を台に吸いこませる。一撃。台が壊れたのか?と思うくらいの怒涛の9連チャン。1万玉は越えたか…。まだ、時間はあるが、自分の中の小市民が大声をあげ、レジへ。レジを済ませ、特殊景品を受け取り、財布の中は4000円増えていた。


 4000円…?


 まさかと思い。給料日までの7日間。毎日、大好きなエヴァを打ってみた。入店した時間、初当りまでの経緯、確変の突入、連チャン数、引き戻し…経緯は、様々だったが、いつも、レジを済ませ、特殊景品を受け取ると、財布の中は4000円増えていた。4000円。4000円。4000円。4000円。4000円。4000円。4000円…なのか。思いきって、有給を申請してみた。理由は嘘だったが、会社が忙しくない時期だったから、すんなり承認された。今まで、「会社に悪い」と思って、申請しなかったのは、何だったのだろうか。給料日の次の日、これまで得た4万円を手に、平日に、朝から、パチンコ店に向かう。P-WORLDで調べて、『CR新世紀エヴァンゲリオン〜奇跡の価値は〜VF』が現役で動いている店を探した。今日、答えを出す。399.6分の1、確変突入率74%に…全てをかける。1万、2万、3万と台に吸いこまれていく、その間に、大当たりが出たり出なかったりしたが、出玉も全て吸い込み、玉を借りる事になる。3万5千、3万6千…これまでの経験を踏まえるに、そろそろ大当りが来るだろう。3万7千、そして、怒涛の確率変動、3万8千、台が軋む程の乱暴な連チャン、3万9千、そして、最終的に財布の中には4000円増えている、4万…あれ?最後のステップアップ予告がスカに終り、最後の玉が台に吸いこまれ…あれ?これはどういう事だ、出た玉、借りた玉、全てが失われている………はは、はははははは、は、はははははははははははははははは、ははは!なんてことない、なんてえことない、くくく、ははは、ははははは!パチンコ全体の確率の海の中で考えれば、10回連続4000円勝つくらい、別に、不思議な事じゃあないだろう、くくく、ははは、俺は馬鹿だ。折角得た4万円を、全てを失ってしまった。ははは、いいさ、いい授業料だ。別に損はしていない訳だから、また、明日から、なんでもない毎日が…。「勝つまで打ち続けろよー。」…頭の中で声が…え…「貯金?」…思わず呟いていた。一度、店の外に出て、ATMに向かう。そして、先日、振り込まれた給料をおろして、また、店に戻る。そこから先は覚えていない。借りて、出して、吸いこまれて、自分が何をしているのか、どこにいるのか、自分の周囲が歪んでいるような、何度も目眩を感じ、タバコを吸い、何時ぐらいなんだろうか、レジを済ませ、特殊景品を受け取り、財布の中は4000円増えていた。家に帰ったら、すぐに、布団の中に沈んだ。



 4000円。


 どんな経緯を経ても、特殊景品に交換すると4000円増える。何店舗まわっても最終的に4000円に落ち着いた。それがルールだと分かった。それが分かってしまえば、少し楽になった。閉店時間近くにいけば、千円で一撃、財布の中は4000円増える。というよりも、このルールを理解したからか、すぐに4000円勝たしてくれる。それ以上勝てない事が分かってるから、欲がなくなる。大好きなエヴァをやりながら、4000円増える。よいかも知れない。月で120千円。年にしたら1460千円。結構な金額じゃあないか。しがない月給を補うには、結構な金額だ。いや、アパートもかえて、倹しい生活をすれば、十分に生活していけるかも知れない。今のストレスフルな仕事は、もうやめてしまおう。好きな事だけしよう。朝一番でパチンコをして、4000円手に入れて、その日の食事をする。何日か粗食をすれば、居酒屋とかにも行ける。全国を行脚していろんなパチンコ店をまわるのも楽しいかも知れない。そこで働く店員さんの姿をみて、少し申し訳ない気持ちになるかも知れない。また、土地土地で眺める人々。そこにある生活。河原を楽しそうに歩く親子。この世の全ての幸せを集めたようだ。それらを観て、少し申し訳ない気持ちになる。ずっと、そんな生活を続けて行く。そのうち、利き腕は腱鞘炎を患い、左手、右手、交互にパチンコを打つ事になるかも知れない。老人になる頃には、手が動かなくなり、しかし、パチンコで稼ぐしか収入がないため、入れ歯の入った口でハンドルにかじりつき、店員に止められる。ハンドルをかじりながら自分の人生を振り返る。自分の人生はなんだったのだろうか。大好きなエヴァを、思う存分、打つ事が出来て満足だった。同時に気がつく、自分は、ただ、生きてきただけだった。パチンコで得たお金で生きながらえてきた。手に職が何もつかなかった。結婚もしなかった。後世に遺せるものは、何もない。4000円稼いで、食べて、寝る。それだけだった。勝ち続けた人生だったが、何も残らなかった。ただ、ただ、生きていた。パチンコに勝つとは何なのか。そして、人はどこから来て、そして、どこへ帰るのか。

 そこまで想像して、私は、パチンコを辞めた。