病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/11/04 (金)この更新頻度に全米が泣いた!

オナニー2.0あるいは陰茎2.0

| 23:58 | オナニー2.0あるいは陰茎2.0 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - オナニー2.0あるいは陰茎2.0 - 病むに病まれてビラの裏 オナニー2.0あるいは陰茎2.0 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

-私の夢は、いつか、陰茎になることなんだ。

-はぁ?


 つい立場を忘れて、先生にインネンをつけるような感じで、疑問を口に出してしまった。15時の小休止、午後の珈琲、温かくも、寒くない、気持ちの良い午後に、この先生は、何を言い出すのだろうか…。やはり、サイバネティクスの権威、柾亀精一郎氏ともなると、感覚も常人のソレとは違ってくるのだろうか…。

 いや、もしかしたら、「インケイ」じゃなくて、「ベンケイ」と聞き間違えたのかも知れない。先生は、きっと、「武蔵坊弁慶」になりたいのじゃないだろうか。そうだ、そうだ、きっと、そうだ。


-いや、いきなり、陰茎とか言ってしまって、すまなかったね。


 聞き間違ってなかった!


-ふいに昨日の晩食べたウインナー炒めのことを思い出してね。


 だとしても!どうしたらいいのだろうか、一応、聞いた方がいいのかな。


-順を追って説明した方が良かったね。


 あー、そうですか。


-情報化社会とか、世の中が便利になっていく究極として、人類は頭部と指が一本だけになる…なんて話があるね?

-ああ、そんな話がありますね。

-でもね、私は、そんな話は、嘘っぱちだと思っているよ。

-そうですね。

-陰茎も残るだろう。

-は?

-まぁ、女性のことは分からないがね。

-…はぁ。

-………。

-先生?

-すまない、話の順序を間違えた…。


 …なんたる。その後、柾亀先生は、本来の話の流れを模索しだした。何故、サイバネティクスを志したか。先生の専門分野は、情報工学、通信工学で、主な研究テーマは、人間の神経の電気信号を変換…などであり、それらは、義手等に応用されている。しかし、本当に興味があるのは、無線により、遠隔で人体を操作する…ことらしい。


-つまり、私の現段階の最終目標は、無線で動く陰茎を作ることなのだよ。作るというより、一度、切り離し、そして、無線で繋ぐという感じだろうか。何故、そんなことをするか?想像力の乏しい者は、自分フェラチオとかを想像するだろう。まぁ、それも良いかも知れない。だが、だよ、無線化された陰茎で可能なことは、それだけじゃあない。例えば、亀頭を自分の背中で刺激する…なんてことも出来るだろう。「孫の手」ならぬ「自分の息子」とでも、言おうか。


 この研究室に配属されて以来、こんなに熱っぽく語る先生は初めて見た気がする。


-そして、私の夢は…陰茎になることなのだよ。男は、胃袋と陰茎に支配されているという言葉もあるが、圧倒的に陰茎に支配されているだろう。究極的に言えば、食事など、精液を作るために、していると言えるだろう。私は、そのような陰茎になりたい。つまり、陰茎と間脳と勃起中枢のみを人体から摘出し、それらを接続する。そうすることで、私は、陰茎の、身体の全ての刺激を、全身で受け止めることが出来る。その快感たるや…!!!理論は、もう出来ている。後は実行するだけなんだ。


 この告白は、何を先生を駆り立てたのか?だが、秋の空のように先生の顔は、清々しかった。実は、途中から録音をしておいた。お金に困った時、役に立つ気がするから、気持ち悪いけど、この録音は大切にとっておこう。



男の壁、肉豆腐、女の楽園に続く。