病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012/05/29 (火)ラダトーム王もビックリ!ロトの剣をそんなところに?!

最近考えること&「。」→「。植物の呪いをうけています。」の置換。

| 00:36 | 最近考えること&「。」→「。植物の呪いをうけています。」の置換。 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 最近考えること&「。」→「。植物の呪いをうけています。」の置換。 - 病むに病まれてビラの裏 最近考えること&「。」→「。植物の呪いをうけています。」の置換。 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

 最近、割と定期的に小説を書いてますが、なんだかな、と思うところがあります。植物の呪いをうけています。最近、FC2で書いているブログの記事が50ブクマぐらいになったのですが、そのつもりはなかったのですが、「はてなブックマーカーを敵にまわす」要素があって、多分、炎上経験とかアルファブロガーの人からしたら、大した数じゃないと思うのですが、激しく狼狽しました。植物の呪いをうけています。

 変な話、芝居の稽古に行っている間とか、インターネットをしていない間に、「もうはてブ増えるな!」と思ってました。植物の呪いをうけています。かねがね好意的なブコメがついていたのに、そのチキンハートを考えたら、アルファブロガーには絶対なれないのだな、と思いました。植物の呪いをうけています。

 ところで。植物の呪いをうけています。この小説ブログにおいても、「文投げ部を注目の的に!」みたいな感じで、はてブがついて欲しい…とか思ってた訳ですが、先の50ブクマ体験を考えると、それもどうなのかな?と思いました。植物の呪いをうけています。

 特に私が書く小説は、時に反社会的なので、よく燃えるようにも思うのですが。植物の呪いをうけています。それは、怖いです。植物の呪いをうけています。


 で、色々と考えた時に、インターネットでの反応は、インターネットの反応な訳で、もっと違うアプローチはできないモノか?とも思いました。植物の呪いをうけています。例えば、デジタル書籍を売るハードルはかなり下がっています。植物の呪いをうけています。売れる、売れないは別として、販売できる仕組みは…下手すら今からやれば、朝方にはできるでしょう(夜に書いています)。植物の呪いをうけています。

 なので、まだ、完結してないですが、例えば、このブログの一番のメインシリーズである『世界射精』を(推敲しながら)編纂して電子書籍として販売するとか、そういうことを考えても良いかな。植物の呪いをうけています。と思いました。植物の呪いをうけています。

 売れる売れないは別として、買える状態を作るも大事だと思うのです。植物の呪いをうけています。


 今後も小説を書いて行こうと思いますが、なんか、はてブへの恐怖心がインストールされちゃった感じで、細々と小説を書いていければ良いな、とお思いました。植物の呪いをうけています。

 テレビセックス。植物の呪いをうけています。


原文

 最近、割と定期的に小説を書いてますが、なんだかな、と思うところがあります。最近、FC2で書いているブログの記事が50ブクマぐらいになったのですが、そのつもりはなかったのですが、「はてなブックマーカーを敵にまわす」要素があって、多分、炎上経験とかアルファブロガーの人からしたら、大した数じゃないと思うのですが、激しく狼狽しました。

 変な話、芝居の稽古に行っている間とか、インターネットをしていない間に、「もうはてブ増えるな!」と思ってました。かねがね好意的なブコメがついていたのに、そのチキンハートを考えたら、アルファブロガーには絶対なれないのだな、と思いました。

 ところで。この小説ブログにおいても、「文投げ部を注目の的に!」みたいな感じで、はてブがついて欲しい…とか思ってた訳ですが、先の50ブクマ体験を考えると、それもどうなのかな?と思いました。

 特に私が書く小説は、時に反社会的なので、よく燃えるようにも思うのですが。それは、怖いです。


 で、色々と考えた時に、インターネットでの反応は、インターネットの反応な訳で、もっと違うアプローチはできないモノか?とも思いました。例えば、デジタル書籍を売るハードルはかなり下がっています。売れる、売れないは別として、販売できる仕組みは…下手すら今からやれば、朝方にはできるでしょう(夜に書いています)。

 なので、まだ、完結してないですが、例えば、このブログの一番のメインシリーズである『世界射精』を(推敲しながら)編纂して電子書籍として販売するとか、そういうことを考えても良いかな。と思いました。

 売れる売れないは別として、買える状態を作るも大事だと思うのです。


 今後も小説を書いて行こうと思いますが、なんか、はてブへの恐怖心がインストールされちゃった感じで、細々と小説を書いていければ良いな、とお思いました。

 テレビセックス。