病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013/02/12 (火)ラダトーム王「2013年流行語は自己改訂です。」

俺が体調を崩して死にそうなのは深夜テレビを観ながら酒を飲んで裸踊りをしてそのまま寝たのが悪い!

| 13:33 | 俺が体調を崩して死にそうなのは深夜テレビを観ながら酒を飲んで裸踊りをしてそのまま寝たのが悪い! - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 俺が体調を崩して死にそうなのは深夜テレビを観ながら酒を飲んで裸踊りをしてそのまま寝たのが悪い! - 病むに病まれてビラの裏 俺が体調を崩して死にそうなのは深夜テレビを観ながら酒を飲んで裸踊りをしてそのまま寝たのが悪い! - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

責めることのできない善意の結果を小説にしたい。

無知ゆえに、善意が上手く結果を出さなくて、それゆえに相手を責めることができない…という部分に『やるせなさ』のようなモノを感じます。その感情を、いつか、小説なり演劇なりで表したいな…と思っています。
小説の書き方「タイトルから考え、描きたい感情・気持ちを探す」感じでした。

改定の方向性

  • 症状や味などをより大きくする。

俺が体調を崩して死にそうなのは深夜テレビを観ながら酒を飲んで裸踊りをしてそのまま寝たのが悪い!

のだが、こんな時期に風邪を引くとは洒落にならん…。試験はもうすぐだと言うのに、どうしたらいいんだ…。当日は這ってでもいかないと、留年が確定になってしまうが、もう意識が朦朧として、何がなんだか分からない…。すぐに治さねば、もう1年余計に学校に行くハメになってしまう…。そんなことを、グルグルと回る思考の中で考えていた。

朝起きて、脂汗をダラダラ流しながらトイレに言ったら、妹の節美(ふしみ)に見つかって偉く慌てさせてしまった。悪いことをしてしまった。心配させてしまったら悪いことをした、とグルグルの思考の中で考えていた。


「お兄ちゃん。できたよ~。」


節美は明るくそう言い、部屋に入ってきた。世の中にはリアル妹は小さい『おかん』みたいな揶揄する言葉もあるが、それは…妹論に関しては、また体調の良い時に論じよう。ただ風邪マックスで悪寒すら感じる時に、母親でもない、恋人でもない(いないけど)存在が、お粥を作ってくれる。おお。妹よ。お前の作ってくれたお粥を…む。軽く意識が飛びかける。


「ふ、節美。な、なんか…はじめて匂うお粥の臭いがするのだけど…。」

「あ?分かる?風邪がよくなるように、ショウガとかニンニクとかニラとか、後、葛根湯とか、床下収納にあったモノとか、身体に良さそうなモノを入れてみたよ。あと、お父さんの部屋にあった『マムシエキス』って、スタミナドリンクと、あと、メキシコ土産で貰った調味料も入れてみました!」


…死ぬ、確実に死ぬ。メキシコ土産はネタみたいなモノで、あんなモノを食べられるのは、政治政党じゃあない辛党くらいなモノだろう。色々と不安要素があるが、一番の問題は、その殺人級とも言える世界一の辛さだろうか。いや、もしかしたら、なんらかの中和的反応が…?


「ふ、節美?」

「ん?何?」

「味見ってしてみた?」

「んーん。してないよ。移すと悪いから。」


ん?んん…それって?あれ?風邪を引いているのは俺だから…あれ?意識が朦朧としているのか、何かよく分からなくなってきた…。


「さ。冷めないうちに食べて?」

「あ、ああ…うん。そうだ…うん。」


…食べるしかない。最期に最後の何かが集中して、妹想いの俺、兄としての矜持が戻ってきた。食べるしかない。食べる。うん…食べるよ。


「…ぐ。」

「美味しい…?」


…例えば、これは絶対にありえないことだと思うのだが、舌の上に焼けた針を乗せられた後に、上顎をハンマーで殴り上げられるような、そのような刺激が俺におそった。たぶん、そんなことはないと思うのだが、「ガン!」という衝撃が走り、そして、頭蓋骨が揺れたような気がした。


「大丈夫!?汗かいてるよ!?お、美味しくなかった…??」


目を潤ませて心配そうに俺を見ている。


「…い、いや…そんなことないよ。美味しい、美味しいよ。でも、やっぱり暑い国の料理だからさ、体が熱くなって、汗かいちゃった…。ぐ…うん。美味しい。で、でも、ちょっと、汗かいちゃったから…み、水を!水を持ってきて欲しいかな!?」


耐え切れず後半は叫んでしまった。しかし、節美は勘違いして…。


いいとも!」


と言う。それを聞きながら、俺は枕元に手をのばしていた。


「あ…後、ティッシュも一箱お願い。」

「うん。分かった。無理しないでゆっくりと食べててね。」


パタパタと階下に降りていく妹。兄の矜持とはかくも辛いモノだったのか…。身体が熱い…。頭を鮮烈に突き抜けた衝撃は、体に余韻を残し、汗が吹き出てくる。舌はまだヒリヒリしてくる。しまった、パジャマの着替えと、タオルもお願いしておけば良かった。しかし、今、血流が活発になったことを考えると…熱がひいた後が楽しみだ。


窓の外は風が強く。気温も寒い。夜の間にできた霜が、さらにビキビキと土を盛り上げ、ヒビが入り砕けているかも知れない。今日の夕方まで土を押し上げ続ければ、明日の朝は、さらに盛り上がっているかも知れない。

改定前。

俺が体調を崩したのは深夜テレビを観ながら酒を飲んでそのまま寝たのが悪い!

のだが、こんな時期に風邪を引いてしまった。試験が終った後だから、まだ良いようなモノだけど、レポートの提出とかもあるから、すぐに治さねば。まぁ、でも風邪と言っても軽い感じだし、今日1日寝ていたら、治るだろう。久しぶりにクロノ・トリガーでもやろうかな?
俺が体調を崩したのは深夜テレビを観ながら酒を飲んでそのまま寝たのが悪い! - 病むに病まれてビラの裏 - 文投げ部