病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/03/19 (水)神の見えざる手

自分以外全員VIPPER

| 02:22 | 自分以外全員VIPPER - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分以外全員VIPPER - 病むに病まれてビラの裏 自分以外全員VIPPER - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

 そりゃあ、僕だって、インターネットをするし、でもまあ、そんなにやるほうじゃあないけど、2ちゃんねるとか、書き込んだり、スレッドを立てたりするのは、インターネットをする人の中で、ごくごく一部だと思っていたのだけど、どうやら、それは、勘違いで、僕以外は、全員VIPPERだったみたいなんだ。


 僕には、姉がいて、姉が小学校六年生になるまでは、一緒にお風呂に入っていた。どうして、六年生になったら、一緒にお風呂に入らなくなったかと言えば、僕がイタズラで、姉のおっぱいを触ったからだ。そしたら、姉が怒って、その日から入ってくれなくなった。


 だけど、それは、行動安価だった。


 僕が、中学生の時、父親が脱サラして、家はラーメン屋になった。家族会議もなしに、父親は仕事をやめ、一人で全部決めていた。勿論、母親も怒ったし、大学進学を考えていた姉は落胆していた。正直、僕も驚いていたけど、家がラーメン屋なら、好きだけ食べれるかな?と楽観に考えていた。


 だけど、それも、行動安価だった。


 僕が高校生になった時、両親が離婚した。ラーメン屋が上手くいかなかったからだ。姉は、母親と一緒に家を出た。僕は、父親の元に残る事になった。そういう約束だったらしい。父親は、「大学の事は心配するな。」と言い、再就職をした。


 だけど、それも、行動安価だった。


 なんとか、大学生になり、父親の仕事も安定していた。同じサークルの女の子の事を好きになり、一年と半年、気持ちを伝える事が出来なかった。が、ある日、その子から、告げられる。「好きです。付き合って下さい。」と・・・。


 行動安価だった。




 大学三回生になり、ようやく知った。僕以外、全員VIPPERだったと。僕を観察するスレッドが立ちまくっていた。今まで起きた、人との出会い、悲しいこと、嬉しいこと、偶然だと思っていた事、全てが安価だった。それを知ってしまって・・・何をどうすればよいか、全く分からない。


 僕は、どうすればよい?

 >>49

ゲスト



トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20080319