病むに病まれてビラの裏 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013/09/12 (木)ラダトーム「心のモヤモヤは小説で吐き出せ!」

この世に出なかった言葉、母の告白、娘の人生。

| 19:42 | この世に出なかった言葉、母の告白、娘の人生。 - 病むに病まれてビラの裏 を含むブックマーク はてなブックマーク - この世に出なかった言葉、母の告白、娘の人生。 - 病むに病まれてビラの裏 この世に出なかった言葉、母の告白、娘の人生。 - 病むに病まれてビラの裏 のブックマークコメント

小さい時から、母と二人だった。20代、30代と、そんな話はなかった訳ではないが、更年期を前後して、身体を悪くした母の面倒と、仕事を理由として、私は母と二人生きる道を選んだ。

しかし、多くの場合、娘よりも、母の方が先に逝く。この先の人生に不安は少しある。しかし、母との暮らしを思い出して、「だったら結婚すればよかった」そういう言葉は思い浮ばない。

思ったよりも進行が早かった。覚悟していたことだが、母は近いうちに死ぬ。母と娘の最期の時間。優しい時間が流れる。自分の死期を悟ったのか、最近、母はお喋りだ。

最期だから、言っておかないとね。ふふ。今まで、ご飯の用意とか、ずっとありがとね。でも、最期だけ言っておくね。アナタの味付け、全体的に醤油が濃くてクソ不味かったわ。作って貰っている立ち場だから、文句は言えなかったけど、クソ不味かったわ。病院のご飯って美味しいね。私の命の幾ばくかは、きっと塩分の過剰摂取だったのかもね。なんてね。ふふ。もしも、この後、アナタが結婚とかすることあるなら、お料理だけは勉強しないとね。この、鯖の煮つけ、食べる?美味しいわよ。」


母は死んだら、親戚の、先祖の墓に入るらしい。三回忌がすんだら母が好きだったピンクの色で、墓石を染めてあげよう。きっと、喜んでくれるにちがいないと思う。

ゲスト



トラックバック - http://throw.g.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20130912